大日本帝国軍の軍服コスプレで炎上 300人が自宅へ押し寄せる事態に。その後逮捕=中国広西チワン族自治区

中国

日本の軍服を着た中国人

アホの中国人2人が、駅前の広場で第2次世界大戦の日本軍の軍服を着て大騒ぎした。

アホの中国人2人の行動は地元の人々を激怒させ、後で約300人の暴徒が家の外に集まり騒然となり警察が出動する騒ぎになる。

上海でも日本の軍服を着たバカな中国人の写真が今月初めにインターネットで炎上したばかり。中国では大日本帝国軍に関する話題は非常にセンシティブな話題です。

広西チワン族自治区の男性2人が問題の動画をネットにアップし10日間勾留

今回の事件の流れは、広西チワン族自治区ビンアン郡の2人のアホな中国人が、日本の軍服のコスプレで、日曜日に高速鉄道駅に行きました。

動画を見ると、緑色の軍服の男が軍刀を抜き、日本語で「バカヤロー」とわめき散らしました。その様子をもうひとりのスクーターに乗った軍服コスプレ野郎がスマホで撮影した。

警察は夕方の男らを探し当てたが、300人程の人民が暴徒化しており、沈静化させるために多数の警察官が派遣された。

2人のアホな中国人は「ネットで有名になりたかった」と動機を供述した。2人のアホな中国人は公序良俗違反で逮捕後10日間拘留された。

多くのネットユーザーと市民は男性の行動への批判にとどまらず、自宅にまで押しかける行為には全く同情を感じなかった。

「コスプレする自由です。少なくとも、彼らは公衆の面前で裸になったわけでなない。しかし、多くのネットユーザーと市民は、愛国的であることを証明したかったのだろうか?」疑問が残る。

出典:http://www.scmp.com/news/china/society/article/2106836/mob-incensed-after-chinese-men-pose-japanese-wartime-soldiers

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン