対日抗争期強制動員被害者連合会というクソ団体が進めていた徴用工像の日本大使館前設置に挺対協が難色。韓国のお家芸「内ゲバ」勃発か!?!?

韓国

徴用工像

韓国民間団体がソウルの日本大使館前の少女像の横に、戦時徴用された労働者を象徴する像の設置を計画している問題で、慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」の尹美香常任代表は16日、「(大使館前に建てれば)新たに別の問題が起きることになる」と述べ、難色を示した。

 少女像を置いた挺対協の幹部が否定的な立場を示したことで、労働者像が実際に設置されるかどうかは不透明な状況となった。

 尹氏は取材に対し、労働者像の設置を推進している「対日抗争期強制動員被害者連合会」からまだ公式に何ら連絡を受けていないことを明らかにした。その上で、ソウル中心部の竜山駅前などに徴用工像が既に建てられたことを指摘、「万一、大使館前に建てるのであれば、(一方的に設置するのではなく)国民の意見を聞きながら場所を決めるべきだ」と訴えた。
出典:時事通信

ネットの反応は

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン