政務活動費の架空請求疑惑で辞職した橋本健元市議が自民党議員団の聞き取りに対して政務活動費架空請求を認めそおまま神戸地検に出頭。起訴は免れない状況

政治家

橋本健元神戸市議

 捜査関係者によると、事前に出頭の連絡があり、地検は任意で事情聴取した。今後、詐欺容疑などでの捜査を本格化させる。地検は聴取の内容を明らかにしていないが、橋本氏は一連の不正の内容について説明したとみられる。

 6日午後会見した安達団長によると、橋本氏は2010~14年度の計8回、市内の印刷仲介業者に市政報告の印刷費計約715万円分を発注したとして政活費を請求し、同額を受給。謝礼10万円を渡して24~178万円の領収書を作らせたほか、現物の提出が必要なため、宍粟市の印刷業者に10~20万円を支払って5千~1万部を印刷させ、最大で8万部を印刷したように偽装していた。

 印刷仲介業者は市会事務局の聞き取りに「10万円は受け取っていない」と橋本氏の説明を否定。宍粟市の印刷業者は認めているという。架空の領収書と実際に支払ったお金の差額は少なくとも535万円に上り、橋本氏は受け取った715万円の政活費の返還を申し出ている。

 その後新たに、別の印刷業者に14年市政報告一式を194万円で発注したとして政活費を請求し、同額を受け取っていた疑惑も浮上。この件に関して橋本氏は「印刷業者が(発注はなかったと)言っていることは争わない」と架空請求を認めた。

 不正受給した一連の政活費について「事務所費用などの政治活動に充てた」と説明したという。

 6日に開かれた市会の代表者会議では、強い調査権を付与される百条委員会の設置による事実解明も議論されたが、「本人は疑惑を全面的を認め、詳細を語った。市会でこれ以上調べる必要はない」として設置は見送り、詐欺罪で告発することを決めた。
出典:神戸新聞

 
 

橋本健元神戸市議が地検出頭 政活費の不正受給認める(17/09/07)

ツイッターの反応は?

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加


カエルの楽園 (新潮文庫)


悲しいサヨクにご用心!