立憲民主党の初鹿明博衆院議員2016年12月のセクハラ事件に続きまたも強制わいせつ疑惑発覚!!

政治家

初鹿明博

 立憲民主党の初鹿明博衆院議員2016年12月のセクハラ事件で、当時民進党の代表だった蓮舫さんに、こっぴどく叱られたはずなのに、政党が変わったらいきなりセクハラ事件が発覚!!!

今回のセクハラ事件は最近空砲が目立つ週刊文春が2015年の事件を掘り起こしてきたようなので、なんとも弱々しさが感じられますが、タクシーでズボンのチャックを開けて、女性の顔を強引に引き寄せてフェラチオ強要したとか言うので、下衆なところがいい味出しています。

初鹿明博

 立憲民主党の初鹿明博衆院議員(48)が、支援者の女性に強制的にわいせつ行為を働いた疑いのあることが、週刊文春の取材でわかった。

 被害女性・佐藤陽子さん(仮名)が相談していた友人によると、事件が発生したのは2015年5月。懇親会の帰途、酔った初鹿氏はタクシーの車内で女性にキスを迫るなどし、さらには、ズボンのチャックを引き下げ、女性の顔を強引に引き寄せるなど、強制的にわいせつな行為を働いたという。

被害女性の陽子さんは、
「タクシーの中でそうした行為があったのは事実です。何度も拒否をしましたが、先生も大変酔っていらっしゃったようなので……」

 警察への被害届についてはこう語った。

「立場のある方ですし、当時は見送りました。ただ今回取材を受けて、重大な問題だと再認識しました。改めて提出を検討します」

 初鹿氏は、東大法学部を卒業後、鳩山由紀夫元首相の秘書などを経て2009年に初当選。立憲民主党の結党メンバーの一人で、先の衆院選で3回目の当選を果たしている。
出典:週刊文春

ネットの反応は?

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン