左翼活動家兼東京新聞記者望月衣塑子『それでも私は権力と戦う』が、石平氏に叱られる!産経新聞のインタビュー取材依頼されるも左向きに逃走中!

新聞, 活動家・作家・弁護士

望月衣塑子共産党

 かつて中国の民主化運動に身を投じた評論家の石平氏(55)が、菅義偉官房長官の定例記者会見で連続質問攻撃を仕掛けている東京新聞の望月衣塑子記者をツイッターで痛烈に批判した。

 石平氏は7日に以下のようなツイートを書き込んだ。

 「『それでも私は権力と戦う』という東京新聞望月衣塑子記者の台詞を鼻で笑った。私は今まで、本物の独裁政権と戦った勇士を数多く見たが、彼女のやっていることは、何のリスクもない民主主義国家で意地悪質問で政府の記者会見を妨害するだけだ。そんなのを『権力と戦う』とは、吐き気を催すほどの自惚れだ!」

 日本に留学中の1989年、祖国・中国で天安門事件が勃発し、帰国をあきらめたという石平氏にとって望月氏の「権力との戦い」はとんだ茶番に映ったようだ。

 「新聞記者は国民に選ばれてなるものでもないのに、国民の代弁者だと思っている時点で勘違いも甚だしい」「新聞離れがさらに激しくなり、販売店には残紙の山ができる」「中国や北朝鮮で権力と戦うと監禁されたり、殺されたりしますね」「『ペンの暴力』をふりかざすマスコミこそが権力者だ」--。

 一方の望月衣塑子氏は7日、「防衛省が来年度予算でミサイル開発費として177億円を要望。研究の中身は敵基地攻撃につながるミサイル開発 菅官房長官『防衛省は必要だから要望した』」という投稿を最後に自身のツイートはないが、リツイートは頻繁に繰り返している。

 望月衣塑子氏に対し、産経新聞WEB編集チームは8月中にインタビュー取材を東京新聞編集局を通じて申し込んだが、「応じたくないと本人が言っています」という編集局の回答のまま、実現していない。
出典:産経新聞

 

師匠・小池FAT晃に手柄話をご披露中!

 
9/11 望月衣塑子、本日も独自取材なし。「トランプ大統領のツイッターをみたガーーー」で、共産党議員に「きょうも官房長官は逃げてたー」と手柄話!?!?

 

ツイッターの反応は?

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加


カエルの楽園 (新潮文庫)


悲しいサヨクにご用心!