#希望の党 代表小池百合子東京都知事 衆院選に『出ない』と言いつつも自分が首相になれると判断したら出馬して前言リセットするはず!!

希望の党, 選挙

小池百合子衆院選出馬

 小池百合子が代表の希望の党は、どれくらい議席を獲得するかわからないが、選挙が終わったら途端に権力闘争が始まり、党がバラバラになるのが確実なので絶対に投票してはならない。

権力闘争のゴタゴタを収める能力など細野や若狭などにはなく、政策の実務能力などは小池百合子にもありません。

「選挙ありき」の希望の党には絶対に投票してはいけません。日本が壊れます。

 希望の党内には知名度の高い小池氏の出馬で優位に選挙戦に臨みたいとの待望論が膨らんでいる。裏を返せば、小池氏が不出馬ならば追い風が吹きやむとの危機感だ。

 与党の小池氏に対する挑発も盛んだ。菅義偉官房長官は29日の記者会見で「私は出てくると思っている」と述べた。自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長も「小池さん、出てきましょうよ」と呼びかけた。

 これこそ小池氏の狙い通りといえそうだ。突然の自身の代表就任、民進党「解党」に続き、菅直人、野田佳彦両元首相らを排除する「民進党仕分け」は順調に進んでいる。都選出の自民党前衆院議員は「劇場政治にたけた小池氏は注目を集めてボロが出る前に投票日を迎えたいはずだ。満を持して首相候補として出馬宣言というシナリオだろう」と警戒を隠さない。
 
党内外で「出馬不可避」の環境ができれば、かつて自民党総裁選に出馬し「女性初の首相」への思い入れが強い小池氏は決断せざるを得ない。小池氏は28日の記者会見で「首相は大変だ。今の国会が変わらない限り都政で頑張る」と述べた。自民党閣僚経験者はこう解説した。

 「政権交代して自分が首相になれると判断したら、出てくるという意味だ」

出典:産経新聞

ツイッターの反応は

 









最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン