山本太郎自由党共同代表が安倍晋三首相の対立候補反日左翼活動家黒川敦彦の応援演説でデマを垂れ流す。その後SNSで茶化して訂正するも謝罪なし

政治家

山本太郎

 福島の放射能風評被害を拡大させるレイシストメロリンキュー山本太郎自由党共同代表は10月10日、安倍晋三首相(自民党総裁)の対立候補反日左翼活動家黒川敦彦の支援で訪れた山口4区(下関市、長門市)で、事実と異なる内容を街頭演説で訴えたとして同日中に自身のフェイスブック(FB)で訂正した。謝罪はなし。

 山本氏は下関市内で応援演説した際、「安倍総理は選挙区で落ちたとしても比例で必ず復活します」と発言した。だが、首相は比例代表との重複立候補を辞退しており、選挙区で落選すれば比例での復活はない。

 山本氏のFBは10日午後、「山口4区での応援演説で、選挙区で安倍さんは落ちても比例復活できる、お灸を据えましょうと発言しましたが、誤りでした。安倍さんは比例との重複立候補ではありませんので、選挙区で落ちたら議員じゃなくなります。訂正します。選挙区で落としてユックリしてもらいましょう」とするふざけた訂正文を掲載した。
出典:産経新聞(改)

ネットの反応は?

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン