共産党候補の街宣でよくマイクを握られるフェミ弁護士太田啓子先生、デブは海が似合わないという強烈に差別表現する宮崎県観光PR動画を大絶賛大炎上!ヘイトですね!

活動家・作家・弁護士

ハイヒールサーファー

リラックスサーフタウン宮崎県日向市の魅力を伝える3分間のサーフムービーをつくりました。

ネットサーファーの青年が本物のサーファーになっていく成長物語をゆったりした気分で楽しんでください。

撮影は宮崎県日向市でおこなわれ、クランクインからアップまで2ヶ月半。半分ドキュメンタリーの形式で行われました。主人公役の道仙拓真くんは東京在住の役者さんですが、計5回日向市を訪れ、早朝から夕方までサーフィンの練習を続けてくれました。

トータルの撮影日数は11日間でしたが、東京でもサーフィンの陸トレ、筋トレ、食事制限を継続。結果、99.8キロの体重が82キロにまでやせ、サーフィン初心者だったにもかかわらず、2ヶ月半でボードの上に立って、ピースできるまでになりました。
出典:http://www.phew-hyuga.jp/

太田啓子先生大絶賛です。話題の宮城県の壇蜜CMが嫌いだったようです

絡まれるのがうっとおしいんならツイッターやらなきゃいいのにね!?

ツイッターがプチ炎上しております

デブを敵に回す太田啓子先生

それではお口直しに壇蜜さんの宮城県観光PR動画をご覧ください

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン