翁長絶叫!「普天間が返還されたら借地料が国から入ってこなくなるだろう!」⇒辺野古工事差し止めを沖縄県議会が国提訴議案を可決。訴訟費用500万円なり

政治家

翁長沖縄県知事

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事をめぐり同県議会は14日の本会議で、県が国を相手取って工事の差し止め訴訟を起こすための関連議案を共産党、社民党などの賛成多数で可決した。

 訴訟で県は、政府が県の漁業調整規則に定められた翁長雄志知事の許可を得ずに岩礁破砕を行うのは「違法」だと主張する。政府は、工事は適法として全面的に争う構えだ。

 この日の採決で、自民党は議案に反対した。反対討論に立った同党の照屋守之氏(県連会長)は「これまで県は約9千万円かけて裁判を行い、敗訴した。今回の訴訟費用の約500万円も県が負けても戻ってこない。なぜ翁長知事は政府と交渉する努力をせず、裁判闘争に明け暮れるのか理解できない。県民無視の県政は許されない」と訴えた。出典:産経ニュース

この借地料が沖縄県全体で国から約900億円も支払われている。だから、沖縄の大事な収入源でもある。基地返還が叫ばれる近年、返還されると困る人たちもかなりいるわけだ。

その借地料は年々増加していくものなので投資の対象になっている。売買は、年間の借地料の20~35倍程度で取引されている。将来「返還」されない軍用地であればそれは資産になる。

ネットの反応は?

敗訴が見えている訴訟費用は誰が負担するのだろうか?
結局は着工するのに、頑張っても無理だと思います。
裁判沙汰にすると数か月延びる可能性はある。前回も1年程度伸びたし。工事期間が延びたら、訴訟費用だけでなく、工事費用も増額してしまう。
政府が悪で、沖縄の言うことがすべて正義という訳ではない裁判による費用の増加は沖縄が支払うべし。敗訴になる可能性しかない。他にやるべきことがたくさんあるんじゃないのか?サボりの県政と翁長というレッテルが貼られますよ!
翁長を国会に証人喚問してみたら?色々と報道されないような事実関係が出てくるんじゃない?
多額の裁判費用は弁護士に流れて、そして反対派の資金になるということなのか
中国軍の爆撃機が飛んでたんですけど知ってます?
反対派の仕事してるアピール以外の何物でもない。
今さらながら共産党および社民党は政府転覆を企てる反日テロ組織という事がよく分かります。
日本とは思えん・・・?
翁長くんの私費か?
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン