「パンツかぶり都議」斉藤礼伊奈都議、多摩当選でも渋谷在住に公選法違反疑惑!!! 都民ファーストの会これからボロボロではじめるのか!?

斉藤礼伊奈都議

 都民ファーストの会」公認で当選をした斉藤礼伊奈都議といえば、歌手時代のブログに掲載された“パンツ写真”や〈なんであんなにガンジャ(※大麻)に目くじら立ててるのか分からない〉という投稿などで注目された人物だ。今回、持ち上がったのは、「地域密着」をウリにする彼女の居住地にまつわる疑惑である。

 都議選では南多摩選挙区(多摩市・稲城市)から出馬し、応援演説でも小池百合子都知事が「この地元の人間として、この地で生まれ、この地で育った」と「多摩在住」をアピールした斉藤都議。選管が配布する『選挙公報』でも〈多摩格差を解消します〉と謳うが、

「新しく都議になった斉藤先生に相談しようと事務所に行ったら、看板も立ってないし、ポスターも貼ってない。中を覗けばもぬけの殻で、電話も繋がらないのよ」(地元の60代主婦)

 実際、小誌(「週刊新潮」)が確認している8月下旬から9月中旬の期間、斉藤都議が平日に移動した先は、東京23区内のセレブマンション、キャデラックで2人の子供を送り届ける都内の託児施設、そして都庁が圧倒的に多い。これで「多摩」に住んでいると言えるのか。

 公選法に詳しい神戸学院大の上脇博之教授はこう指摘する。

「『選挙公報』に〈多摩市在住〉と書き、地域の問題を公約に掲げれば、有権者には“この人は地元のことをよく知っていて、利益を代弁してくれる”と思って貰えるとの計算が働いたのでしょう。公選法235条第1項の〈当選を得〉る目的で〈虚偽の事項を公にした者〉という条文に該当し、『虚偽事項の公表罪』に該当する可能性があると思います」

 斉藤都議ご本人に「渋谷が自宅ではないか」と直撃したところ、

「渋谷は私の会社の事務所です。一応、会社の代表をやっておりますので。普段は、えっと……、寝泊りすることもありますが、基本は多摩に家がありますから」

 と、なんとも歯切れの悪い答えが返ってきた。9月20日発売の「週刊新潮」で本件を詳しく報じる。
出典:週刊新潮

ツイッターの反応は

 

#希望の党 民進党議員の排除リストが出現!? 15名の名前が名簿に載る!!小池百合子の考えに合わせない者は公認しないという独裁宣言か!?

#希望の党 代表小池百合子東京都知事 衆院選に『出ない』と言いつつも自分が首相になれると判断したら出馬して前言リセットするはず!!

【民進党崩壊】「反安倍でとにかくOK!?」社運を賭けて安倍叩きする朝日新聞・毎日新聞の #希望の党 報道に橋下徹が猛烈批判!!

#希望の党 小池百合子代表「民進党のリベラル派は排除する!」民進党左翼ホイホイ宣言!前原誠司絶叫!!寛容さが全くなくパヨクリセット!!!

【 #希望の党 】民進党の前原誠司代表が希望の党に合流するので民進党は届け出政党やめて公認候補擁立しないんだって!で前代未聞、自分は無所属で出馬だってよ!マゾだな!?

希望の党の代表になった小池百合子東京都知事のお仕事~国立ハンセン病療養所訪問編/常にメディア映りだけを気にして、仕事は一切致しません!!

金が必要な希望の党小池百合子、人気が欲しい民進党前原誠司で利害一致。国民不在で選挙のためだけの方法論。政党交付金を国庫に返納しろ!!

小池百合子写真集になにわのエリカ様が噛み付く!ありえないライバル心とスケベ心で「負けたくないからまた出そうかな。私も!?」?????

「パンツかぶり都議」斉藤礼伊奈都議、多摩当選でも渋谷在住に公選法違反疑惑!!! 都民ファーストの会これからボロボロではじめるのか!?

民進党前原誠司衆議院議員小池新党と連携したいようけど、厳しいんじゃないの???

小池百合子東京都知事★舛添要一前東京都知事時代の恐ろしくダサい朝鮮門番風観光ボランティアユニフォームを「躊躇なく変えたい」と無慈悲に表明!