東京新聞パヨク記者佐藤圭が相変わらずクズ論理を投下「加戸氏の発言があまり報道されなかったのは、報道する価値がなかったからにすぎない。」バカ丸出し

2017年10月10日新聞

謝罪する佐藤圭
あまりの非礼にツイッター民に詫びを入れる佐藤圭
その姿を蔑む望月衣塑子

加戸氏の発言があまり報道されなかったのは、報道する価値がなかったからにすぎない。なぜ首相の友人の大学に決まったのか、そのプロセスこそが加計問題の本質だが、加戸氏が国会で語ったのは「いかに愛媛に獣医学部が必要か」という域を出なかった。
東京新聞パヨク記者佐藤圭ツイート

  
「なぜ首相の友人の大学に決まったのか、そのプロセスこそが加計問題の本質」というのは、加計問題追求側の視点だ。

まず、スタートは50年間獣医学部が新設できなかった事の検証の過程で文科省と出会い系エロおやじ前川と加戸前愛媛県知事の論証が必要だった。だから、閉会中審査を開催するに至った。

たったこれだけの事で、中学生でもわかりそうな流れにも関わらず、佐藤圭は報道する価値がなかったって、究極のバカである。

「報道する価値がない」とバカ佐藤圭は言っているが、ちゃんと報道しているメディアはあった。反対に報道しないメディアは反安倍のパヨクメディアだけだろう。

民進党の玉木雄一郎が獣医師連盟から100万円の献金を貰いながら、閉会中審査に2度も質問に立ち、加計学園の認可を白紙に戻せというのは、加戸前愛媛県知事と同様に「報道する価値がない」出来事なので東京新聞は報道しなかったのか?

いずれにしろ、自分たちのイデオロギーありきで物事の良し悪しを判断するダブルスタンダート。中立・公正など微塵も考えていない東京新聞の活動家兼記者の佐藤圭らしいツイートでした。ホント…..バカ丸出し  望月衣塑子もな

ツイッターの意見は?

「問題点について丁寧に論じています。」ってリンク先は200文字しか読めないじゃないか、全部読みたかったら東京新聞に月3500円払ってねはないだろう、記者を使って炎上商法やってんのか東京新聞は!おまえに言われたって読むわけないだろう、どうせ、価値の無いことしか書いてないんだから。

こちらもどうぞ

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン