ニコール・キッドマンさん、正論述べてバカに絡まれる! 対論を認めない者たちこそおかしくない?

2017年9月15日コラム

保守政治コラム

アメリカ大統領選でトランプ陣営が勝ってよかったと思う!
…..反トランプ陣営は民主主義を理解できていないようだから!

…..なでしこりんです。どこの国にも「狂信的」な連中はいるんですね。私は「選挙で選ばれた人を尊重するのは選んだ人々を尊重すること」と思っています。日本の左翼メディアが「トランプの支持者は低学歴の白人」と決めつけることに対しては、「随分傲慢な考え方だな」とずっと思ってました。民主主義社会は「互いの尊重」があってこそ成り立つ社会じゃないの! どうやらそんなことも理解できない連中がいるようですよ。記事は「J-castnews・から。

…..女優のニコール・キッドマンさん(49)が米国のトランプ次期大統領をめぐるBBCのインタビュー発言で「炎上」している。ハリウッドではトランプ氏への反発を強める人も多いが、キッドマンさんは「誰であっても大統領を支持する必要がある」と発言。

…..これが「トランプ支持」だと受け止められ、「次の映画は絶対見ない」などと批判が殺到。キッドマンさんは後のインタビューで、「民主主義と米国憲法を信頼していることを強調したかった」として、発言はあくまで制度としての一般論を述べたにすぎないと釈明した。

…..ツイッター上には、「私たちはトランプを支持しない。次の映画は絶対見ない」、「不買リストにニコール・キッドマンを加えよう。ノーモア、ニコール・キッドマン」といった声が相次いだ。

…..こういった声を受け、キッドマンさんは1月13日放送のテレビ番組「アクセス・ハリウッド」のインタビューに対して、 「民主主義と米国憲法を信頼していることを強調したかった。簡単なこと」と反論している。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00000003-jct-ent

……….「伝染病の拡散地図」ではありませんよ!

…..いわゆる 「反トランプ陣営」の中に「違法移民」が多いのは周知の事実。ただ、アメリカには1100万人の移民がいると言っても、彼らはアメリカ市民権を持っていません。グリーンカード(永住資格)とアメリカ市民権は全く別物。ですから、アメリカで今までも騒いでいる連中の多くは、実際には選挙権を持っていないはず。おそらくは彼らは、民主主義世界における選挙制度さえ理解できていないのでは? 在日韓国人の社会常識はこの程度です。

差別と弾圧の苦難の時代を乗り越え、我々三世四世が暮らせる基礎を
気づき揚げてきたアボジたちに、豊かな老後生活を提供しなければならないですね。
多くの日本人同様に税金をしっかり払ってきたわけだし、

これまでの差別の歴史を考えてみたら我々にも年金をもらう資格はあるし

日本政府にもその責任があります。

日本政府にもその責任があります。
在日同胞への年金支給がいちばんの優先です。「スヒョン文書」より

http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12075720080.html

*実際には税金すらまともに払っていない在日も多い。

…..在日韓国人 が年金掛け金制度のことを全く理解できず、「税金を払ったら年金をもらえるニダ」と信じているレベルと同じことです。「そんなバカな」と思われるでしょうが、違法移民たちの知的レベルはその程度。「在日外国人の政治活動は、わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす場合は保障されない」と言われても理解できない連中が大勢いますよね。あの連中は韓国の参政権を持っているくせに!

…..ニコール・キッドマンさんへの批判は、まさに「朝鮮人のやり口」そっくりだと思いませんか? 「次の映画は絶対見ない」、「不買リストにニコール・キッドマンを加えよう」なんて笑止千万。こういう連中こそ「言論の自由」を危うくするのでしょう。こういう連中は「小学校からやり直し」を命じた方がよいかも? もちろん強制送還してからの話。

…..結局、文明国家には人を集める魅力があります。それは日本だって同じこと。あれだけ「日本は差別国家ニダ!」とわめいている在日韓国朝鮮人は誰一人日本から出て行かないし、おまけに中国人の違法移民は増える一方。そりゃ、朝鮮半島や中国より「日本の方がはるかに便利な国」ですからね。おまけに日本には「反日をやる自由」まであるようです。

…..でも、シロアリは放置するとやがて国家という屋台骨を食い尽くします。「違法移民は強制送還」は国家を守る上では大事な決断だと思います。ただ、あの連中には法治国家の理念が理解できるのか? そっちのほうが大問題かもしれませんね。 By なでしこりん

Come what may…たとえ何があろうとも

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン