北海道の高橋はるみ知事★脳みそまで完全に凍った? 中国に必要なのは配慮ではなく毅然とした態度!

コラム

高橋はるみ

無限クレーマーの中国への配慮など自殺行為に等しい!「南京事件」があったどうかは中国人は江沢民に聞きなさい!

 「口は災いの元」という戒めの言葉がありますよね。まあ、こういう発言が報道される背景には、必ずと言ってよいほど「記者による誘導質問がある」わけですが、 それにしても高橋さんもおバカな方ですね。

こういう発言がどう利用され、どういう結果を生むかは「どうの知事」ならわかるはずなのに・・・。 北海道の寒さで脳みそまで凍ってしまった?

ホテル対応に疑問=南京事件否定の書籍-高橋北海道知事

 高橋はるみ北海道知事は20日の定例記者会見で、アパホテルが客室に南京事件を否定する内容の書籍を置いているとして中国で反発が強まっていることに関して「いろいろな議論があることについて、相手国の方々に不快な思いを持たれるのはどうなのかなと率直に思う」と、ホテルの対応に疑問を呈した。一方で高橋知事は「(行政としてホテル側への)強制手段はないので、今後の対応を見守りたい」と述べた。
出典:時事通信


一応予備知識として書いておきますが、彼女はもともとは通産省(現在の経産省)の官僚。 自民・公明の支持を受けて道知事をやってるお方。決してパヨクではないのですが、今回の発言は「軽率のそしり」は免れないでしょう。

そもそも「中国の不快感」にいちいちこの人は反応してきたのか? 尖閣諸島に関しても中国は不快感を表明していますが高橋さんはそのことに反応してきたのでしょうか? いくら記者に誘導尋問されたとしても、「相手国の方々に不快な思いを持たれるのはどうなのかなと率直に思う」なんて言っちゃったら、それこそ「中国の思うつぼ」ですよね。相手はただのクレーマー国家なのだから!

南京大虐殺

「南京大虐殺」という言葉がありますよね。私はもちろん「南京大虐殺は虚構」と思っていますよ。 以前にも書きましたが、ナチス・ドイツの強制収容所はヨーロッパの各地にあります。では日本軍の虐殺地点は中国各地にあるのか? 答えはもちろん「いいえ」ですよね。

これは中国人にぜひ聞きたいのですが、もし、南京で大虐殺がおこなわれたのなら、中国共産党の大幹部に直接質問すればよい話なんです。だって、当時、江沢民は「南京近くにいた証人」なのですから。でも,中国人は誰も江沢民には取材しません。なぜなんでしょうね? 江沢民の過去を詮索すると身に危険が及ぶ? 中国人の腰抜けぶりにはあきれますよね。

 日本軍の南京入城が1937年なんですが、当時の江沢民は11歳。しかも彼は南京近くの揚州におり、彼の父親、江世俊 は日本軍の協力者でした。おまけに彼は後に南京中央大学日本語専攻に入学しているんですよ!

今回の高橋知事の発言は軽率そのものです。中国の下僕たちはこの高橋発言を最大に悪用するでしょう。でもいい加減、私たち日本人もお客を選ぶべきです。中国人や韓国人はただの「クレーマー」でしかありません。

こういう連中への配慮は「次から次に」なることを日本人は学ベきです。まともな人間には節度がありますが、中国人や韓国人には節度はないのです。中国人への配慮などただの「無限のクレーム」でしかないのです。

高橋はるみ知事にはもう少し「日本人としての矜持」を持ってほしかった。

総合政策部知事 室道政相談センター 道政相談窓口.

TEL 011-204-5022. FAX 011-241-8181.

道政に関する相談・苦情・提案・照会→ http://www.pref.hokkaido.lg.jp/toiawase/

父から学んだ社会貢献の心、母から受け継いだ向上心を大事にしながら、いま、ご縁をいただいた夢多き北の大地でぜひお役に立ちたいと決意いたしました。

フロンティアスピリットを呼びもどし、新生北海道を一緒に立ちあげましょう!
                       高橋はるみ

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン