衝撃画像!日本とドイツで進む文化財破壊!それでも犯罪民族を排除してはいけないの?

コラム

保守政治コラム

「多文化共生は他文化強制でしかない」ことは明らかだよね!
…..メルケル首相はイスラム教徒の偶像崇拝禁止を知らなかったの?

…..なでしこりんです。もう去年になりますが、福島県でお地蔵さまやお稲荷様が100体以上破壊される事件がありましたでしょ。あの時も、ネット掲示板では「やったのは韓国人に違いない」という書き込みが早い段階からありました。それに対して在日韓国朝鮮人とおぼしき連中が、「あれはネトウヨによる自作自演」と反論していましたが・・・逮捕されたのは韓国籍のチョン・スンホだったわけです!ww

ww

この共通性を指摘しても差別ですか?

…..日本の神社 に油をまいていたのも、金山昌秀こと金昌秀という在日韓国人から日本に帰化した朝鮮人でした。靖国神社に放火したのは韓国人のカン・ヨンミン。同じく靖国神社に爆弾を仕掛けたのも韓国人のチョン・チャンハンでした。この時点でも、「韓国人は日本の文化財破壊を狙う犯罪民族」と言ってはいけないのでしょうか?

http://www.express.co.uk/news/world/754092/germany-austria-vandalism-christian-islamic-religion-migrants-crime

…..今日は ドイツでの事件報道です。もちろん日本の左翼メディアは「移民犯罪」についての報道は消極的。それこそ人でも死なない限り「隠ぺい優先」ですよね。朝日新聞は「差別を助長するから」と「在日犯罪を隠ぺい」しますが、これはドイツのメディアでも同じこと。ドイツでもトンデモなことが起こっているようですよ。

メルケル首相の責任を問う

メルケル首相の責任を問うコラージュ画像も!

…..この事件 を伝えているのはもちろんドイツメディアではなくイギリスメディア。もうドイツは終わってますよね。移民の反発を恐れてか、もう事件報道さえ行えないようです。左翼メディアの腰抜けぶり、偏向ぶりは洋の東西を問わないようですね。

…..こちらはイタリアで破壊されたマリア像

…..「多文化 共生は他文化強制でしかない」と愛国保守勢力は主張してきましたが、まさに現実はその通りになっています。結局、移民にとっての外国文化は滅ぼさなければ異文化であり、間違った文化なのでしょう。ドイツでキリスト教文化が破壊されるきっかけを作ったのが「ドイツキリスト教民主同盟」の党首・メルケルだったのは歴史の皮肉でしょうか?

…..韓国人 にしろイスラム過激派にしろ、日本人やドイツ人が「大切にしているもの」を破壊することに「意義」を感じているのでしょうね。洗脳済みのこういう連中には道理を説いても無駄。もし日本人とドイツ人が自国の文化を守りたいのなら、日本は韓国人を、ドイツはイスラム過激派を排除するしか方法はありません。ドイツはもう手遅れだと思いますが、日本はまだ間に合うでしょうか? By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン