在日韓国朝鮮人問題は不法滞在者問題! 日本に密入国した在日家系はいったん朝鮮半島に帰るべきでは?

コラム

保守政治コラム

…..なでしこりんです。すでに退任されましたが、アメリカのオバマ政権の閣僚ポストである「退役軍人長官」に日系アメリカ人3世のエリック・ケン・シンセキ退役大将が就いておられたことがあります。シンセキ長官は1965年に陸軍士官学校(ウェストポイント)を卒業され、最終的には陸軍参謀総長まで出世された方です。彼がそこまで出世できた理由は何か?もちろんそれはご本人の努力が大ですが、彼が日系アメリカ人であったこともあると思うんです。

…..私は いわゆる「日系アメリカ人」のことを考えると、彼らの多くが日本を愛する気持ちでアメリカを愛したのだと思います。第二次世界大戦で日系アメリカ人部隊の功績は語るまでもないでしょう。日系アメリカ人部隊は最も多くの勲章を授与されましたが、また同時にきわめて多くの戦死者も出したのです。彼らは日本人の誇りをかけてアメリカのために戦いました。アメリカにおける日系アメリカ人の評価がずば抜けて高いのは、日系アメリカ人が「良きアメリカ人」だったからでしょう。では今日のニュース。

…..不法滞在者を本国が引き取ってくれず大問題に — 八幡和郎

…..難民・移民・不法滞在者に甘かったドイツがベルリンのテロ以来、しゃかりきになって不法滞在者の本国送還に乗り出している。流れが変わったのだ。

…..ところが、不法滞在者を本国に送還しようと思っても受け入れてくれなくて困っている。とくに、ベルリンのテロはチュニジアから再入国許可が出るのを待っているうちに起きた。再入国許可証を出すのを渋る国が多いのだ。とくに過激派は断りたいところだ。ドイツでは昨年2万3000人を送還したが、50万人も不法滞在者がいる。

…..フランスでは無事に送還できないのが60%を超えている。再入国許可を出す率が低いワーストはガボン4%、エジプト16%、バングラ18%、チュニジア27%。相対的に良心的なのはアルメニア60%、アンゴラ57%、中国49%らしい。

…..こうした状況は日本にとっても他山の石である。問題が深刻化しないうちに制度的枠組みをきちんとしておくべきだ。ちなみに、在日朝鮮人問題は、李承晩が在日朝鮮人(戦後の不法入国者含む)の受け入れを渋ったから生じた問題だ。(アゴラ 全文はソースで) http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170111-00010012-agora-int

…..ドイツ は「自業自得」なので今回はパス。八幡先生の記事で注目したいのは、先生が「在日朝鮮人問題」を「移民の問題」としてきちんと把握されていること。この点が極めて大事な視点だと思います。日本の戦後の自虐史観教育の多くが「共産党視点=中国朝鮮視点」による洗脳教育であってことはすでに多くの日本人が知っていることです。

『鮮人内地密航/発見されて説諭』 大阪朝日 1921/7/15 鮮満 釜山・朝鮮
『又も帆船で密航した不逞鮮人四名逮捕さる』 大阪朝日 1922/5/20 〔7/4〕 下関・兵庫

『鮮人十名密航』 大阪朝日 1922/7/2 夕 〔2/1〕 下関・山口
『鮮人十名の密航者/京畿丸に潜伏』 京城日報 1922/7/4 〔4/8〕 下関・山口

*大変貴重な資料です。ぜひご確認を!→http://www.geocities.jp/takarabune321/korea.htm

…..その中 で行われたのが「朝鮮人は日本に強制連行されたかわいそうな人たち」というデマでした。朝鮮人による「日本密航」は戦後の混乱期に始まったのではありません。朝鮮人が「黄金の国・日本」を目指したのは1910年の「日韓併合」前後から始まります。最初の朝鮮人は朝鮮半島の支配階級の両斑の子弟たちでした。朝鮮の有産階級は子弟を日本に留学させました。

洪思翊中将は和服、奥様は韓服

…..朝鮮人日本兵 で最終階級が陸軍中将だった洪思翊は1909年に日本の「陸軍幼年学校~陸軍士官学校」に進学しています。当時の朝鮮人の有識者階級が日本をどう見ていたかは容易に想像できますね。でも、こういう正式な形での移民(留学)はごくわずか。あとの「朝鮮人は戦前も戦後も密入国者」でした。

…..密入国者 に愛国心などありません。戦後の1948年以後、李承晩に殺されぞこなった韓国朝鮮人がいっせいに日本になだれ込んできます。少し前にもご紹介しましたように、日本に逃げてきた朝鮮人は「かわいそうな人々」ではなかったのです。韓国軍による凄惨な虐殺は、同時に韓国軍を襲撃して殺した共産ゲリラへの報復でもありました。

在日韓国朝鮮人 が本名を名乗らなかった

…..在日韓国朝鮮人 が本名を名乗らなかったのは「名乗らなかった」のではなく「名乗れなかった」のです。「誰が殺人者か?」は自分自身が知っているわけです。ですから日本に逃げてきた逃亡者たちは「本名」を隠して、日本人に成りすましたんです。在日2、3世は在日1世に聞いてみたらどうですか? 自分のルーツを知る勇気があれば。

…..八幡先生 は「李承晩による在日棄民政策」のことにも触れておいでです。そうなんです。日本政府が密入国してきた韓国朝鮮人を韓国に送還しようとした際、李承晩は在日韓国朝鮮人の受け入れを拒否したんです。だって、日本に逃げた韓国朝鮮人の多くが敵対している共産主義者とその家族でしたからね。李承晩にとっての在日はお荷物どころか、ただのテロリスト集団でした。ですから李承晩は在日を日本に押し付けたわけです。これを「棄民(きみん)政策」と言います。

…..在日韓国朝鮮人 の中にも、「朝鮮半島でひどいことをやった」という自覚があったのでしょう。「軍事政権下の韓国に強制送還されれば、事件の残党ということでまず命はなかったやろうから」(金時鐘の証言)ということで、誰も韓国への帰還を望みませんでした。こういう「韓国人同士の事情」がいつの間にか「在日が日本にいるのは日本軍が強制連行した」というデマにすり替えられたわけです。 面白いでしょ?

…..ダニエル・イノウエ上院議員の葬儀。オバマ大統領夫妻の姿も。

…..結局、日系アメリカ人と在日韓国朝鮮人の「違い」は何なのか? 私はそれは「愛国心」だと思います。日系アメリカ人は日本を愛するようにアメリカを愛し、多くの血を流し、「良きアメリカ人」になりました。一方、在日韓国人は自身が密入国犯罪者の家系ということを知っているのでしょう。彼らは韓国も愛せないし日本も愛さない。そんな「根無し草」を誰が信用するでしょうか? それでも在日韓国朝鮮人のルーツは朝鮮半島にあるのです。在日は一度日本を離れて祖国のある朝鮮半島に戻ってみてはどうでしょうか? By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加


カエルの楽園 (新潮文庫)


悲しいサヨクにご用心!