韓国人はリッパート大使襲撃事件のこと覚えてますか? ケネディー大使お疲れさまでした。

コラム

保守政治コラム

韓国はアメリカの特命全権大使の安全さえ守れない未開国家!
…..日本政府は在日韓国大使館と館員の警備を一切やめたらどう?

…..なでしこりんです。世の中には「他人に迷惑」をかけていても、それに気づかない鈍感な人間がいます。そういう連中に限って「自分が無視される」と異常に怒る。私はそういう性格の人物には「韓国」と侮蔑を込めて呼んでいます。今日の記事は韓国の「東亜日報」。

…..米国のトランプ次期大統領が新しい駐韓米国大使の指名を就任(20日)後に先送り

…..トランプ氏がすでに新任大使を指名した中国と日本に比べて韓国に対する関心が小さいことを示す事例という指摘もある。オバマ大統領は2009年就任当時、ブッシュ政府が直前に任命したキャサリン・スティーブンス大使を留任させ、韓米関係の持続性を維持した。一方、トランプ氏は、ホワイトハウスで韓半島問題を扱うアジア上級部長に中国通のマット・ポッティンガー氏の起用を検討しているという。http://jap00・anese.donga.com/List/3/all/27/820390/1

…..トランプさん が大統領の就任宣誓をおこなうのが今月の20日。トランプ政権移行準備委員会はオバマ大統領が政治任用したすべての米国大使に20日までの辞任を求めています。当然のこととして、駐日本大使のケネディー大使も辞任。最初は無作法なこともあったけど、とりあえず大過なく過ごせてよかった。ケネディー大使もまた「テロの標的」になっていたでしょうからね。ケネディー大使、お疲れさまでした。

…..それにしても 韓国人の「かまってちゃん思考」は幼稚園児並みですね。実は、トランプ次期大統領、日本とイスラエルと中国の次期大使をすでに決定しています。次期駐日大使とされるウィリアム・ハガーティー氏は在日経験のあるトランプ氏側近。アメリカ金融資本を押さえている日本とイスラエルの大使を最初に決めたのにはそれなりの意味があるのでしょう。将来的には「敵対」するであろう駐中国大使も決まっているそうです。

リッパート大使と襲撃犯・金基宗

リッパート大使と襲撃犯・金基宗
…..一方、世界的には全くの「三流国家・韓国」の大使が決まらないことに必死になって理由を探しているのが韓国人。ほんと、韓国人って「実力ゼロで見栄だけは一人前」ですね。おまけに、韓国人は「自分たちの犯罪」はすぐに忘れるようですが、韓国はアメリカ合衆国の「特命全権大使」を殺そうとした国家。リッパート駐韓大使は傷があと数センチ下だったら大使は亡くなっていたでしょう。

黄色は韓国側の警察官。信じられますか?

…..韓国人 の愚かな点は、「外国大使館や大使の安全を守るのは受け入れ国の義務」という点を全く理解できない点。韓国国内の日本大使館や総領事館への威圧行為を防ぎ、外国大使や大使館員の安全を保障する義務は韓国政府にあるんですよ。それは敵対している国家であっても、犯人が民間人であっても同じことです。韓国政府と韓国人にはそういうことが全く理解できていません。

水色は日本の警察官。水も漏らさぬ・・・・

…..ちなみに 日本国内における韓国大使館の警備は厳重を極めており、東京・南麻布にある駐日韓国大使館には近寄れば必ず警備の警察官に「どこへ行きますか?」と誰何されるはず。国際条約「ウィーン条約」を日本は順守しているのに韓国は無視。「ウィーン条約」は相互保障を求めていますから、本来なら日本政府は韓国大使館の安寧を保障する必要はありません。韓国人には正論は理解できず、結局、あの連中には「目には目を」でしかわからせることはできないような気がします。By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン