★中国が「公海上」でアメリカの無人潜水艇を拿捕!公海上でダホってアホちゃうの!

2017年9月21日コラム

保守政治コラム

調子乗りすぎ中国!公海上で他国のものを盗むのは海賊行為!日本国内にいる中国人は皆「私服の中国兵=便衣兵」と考えて対処を

 最近、中国メディアによる「日本マンセー記事」が目につくので、「これは中国が何かを始める予兆かな」と思っていたのですが、こんな記事が来た!

中国海軍が米無人潜水艇を南シナ海の公海上で拿捕

ロイター通信によると、中国海軍が南シナ海の公海上で米海軍の無人潜水艇を拿捕したと伝えた。 http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20161217-03051864-klugfx-fx

 なんと 中国(軍)がアメリカ(軍)の「小型無人潜水艇を拿捕」というストーリー展開になるとは思いもよりませんでした。「領海」ではなく「公海」で他人のものを奪う行為は「海賊行為」。

もしかして中国は、「南シナ海は全て中国の領海アル!」と宣言しちゃうのかな? となると日本とアラビア半島をつないで原油を運んでいる「シーレーン」も中国の領海になってしまいますね。 さてさて、「公海航行自由の原則」を保持しているアメリカが黙っているかな?

スプラトリー諸島1

スプラトリー諸島2

最新版の南シナ海スプラトリー諸島の「中国の海上要塞」の地図が手に入りました。「November 10,2016」ですから今年の11月10日付けの衛星写真のようですね。いやはや、完全に「要塞(ようさい)化」されてます。こういう写真って日本のマスゴミは完全無視を決め込んじゃうんだよね。

中国人の独善性や横暴性を批判する前に

でもね、中国人の独善性や横暴性を批判する前に、中国に金や技術を流した日本企業や日本人こそ批判されるべきというのが私の考え。だって、中国人が独善的で「中国中心主義(中華思想)」を持ち、中国共産党が領土拡張主義を採る暴力国家であることは最初から分かっていたじゃないですか。

ウィグルやチベットでの中国の横暴に目をつぶって日本のマスゴミも「中国の共犯者」だと思う。こそどろ民族を軍事大国に育てた責任は日本にもあると思いませんか?

スプラトリー諸島3

 実際問題、ここまで要塞化されてしまうと、それこそ戦争でもやって完全に破壊しない限り、中国軍の基地として今後も継続的に実効支配され、やがては領土して認めらてしまう可能性が高いよね。

ファイリークロス環礁とジョンソン環礁の位置を確認してみましょう。予想以上に南側にあると思いませんか? この地点が「中国領土」になれば、そこから「中国の領海(12海里)」発生し、さらに接続水域(12海里)や排他的経済水域(200海里)が広がります。

これは海域だけの問題ではなく「地下資源」の権利も発生します。中国の真の狙いは南シナ海に眠る地下資源の方でしょうね。

 私たち日本人 がなすべきことは、中国人の下手な芝居にだまされて、中国人を日本に受け入れるような愚かなマネをしないことです。いつも書いていますが、「まともな中国人」は中国本土から誰一人出られないのが共産党中国の現状。

日本に来ている中国人は100%中国共産党に忠誠を誓う「私服の兵隊=便衣兵」ですよ。中国人に家を貸すことも、中国人を雇うことも、いつか必ず日本にとっては不幸な結果を生みます。なぜなら、日本いる中国人には中国に人質がおり、彼は中国共産党の命令の逆らえず、中国共産党が「日本人を殺せ」と命じれば、その命令に背けないからです。

 公海上 において他国のものを拾得して返還するのではなく、「拿捕」することは海賊行為と同じです。まあ、中国が「こそ泥国家」であることは日本の愛国勢力からすればすでにお見通しのことでしたが、そんなこそ泥中国に媚びてきたのが民進党、共産党、社民党でした。

さあ、日本の売国勢力どもはどんな対応をするのでしょうか? アメリカの対応次第で、日本から中国人を一掃できるかもしれませんね。「備えよ!」です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン