#審査員みんな死ね! 自国内で自国民を侮辱して許される国などどこにもないよ!俵万智はカジン?

コラム

保守政治コラム

「日本死ね」と言われて平気でいられる日本人っているのかな?
……電波ダボハゼの皆さんはしっかり仕事を選ばないと生きていけないよ!

……なでしこりんです。「日本死ね」となんて言葉はどこぞの負け犬在日韓国人の「遠吠え」かと思っていたらカンショウチュウの叫び声だったようです。この人、なぜか今年の1月から熊本県立劇場の館長をやっているんだとか。「間諜」の間違いじゃないの?よりによって反日韓国人を日本の公共施設の管理職に採用するなんてどうなんでしょうね? 日本の公務員が天皇陛下のことをことを「日王」と呼び、「竹島は韓国領土」と公然と主張するなんて許されるのでしょうか? 「反日言論の自由」は朝鮮半島でやってほしいです。さて今日は百田先生のツィッターから。

……

百田尚樹‏@hyakutanaoki 7 時間7 時間前

電波芸者と電波乞食は、なぜプロデューサーの望むことばかり言うのか。それは彼らが他に食える職業を持ってないからだ。あるいはテレビと講演以上に稼げる仕事を持っていないからだ。かくして日本のテレビ局には今日も電波芸者と電波乞食が反日と売国の言葉を嬉々として口にする。

……

…..

……百田先生 の「海賊とよばれた男」が映画化され、いよいよ公開が始まります。ここでの「海賊」は比喩。この作品は「出光興産」創業者の出光佐三をモデルにした歴史経済小説で、世界中から「海賊のごとく」原油を集めた出光佐三の波乱盤上の人生を描いた作品だとか。百田先生の作品ですから「日本人の生きざま」をしっかり見つめておいでだと思います。映画は12月10日(土)全国東宝系ロードショーだそうです。

……

電波芸者と電波乞食

……百田先生 がツィートで指摘しておらる「電波芸者と電波乞食」。少なくとも「芸者」さんは芸を極めることに精進している人たちですから「電波芸者」という辱めた比喩には不同意。「電波乞食」というよりは「電波ダボハゼ」と呼ぶのがいいんじゃないかな。ダボハゼには申し訳ないけど、「なんでも食いつく」さまはダボハゼそのもの。「流行語大賞」の審査員はダボハゼと呼んでも差し支えないでしょう。

……

……それにしても 「俵万智」にはあきれました。彼女はもともとは高校の国語の教師。本来ならば「言葉遣いの間違い」に敏感でなければならない職種を経験した人物。それが「日本死ね」ですからね。もともと「彼女の道徳観のなさ」を批判する声はありましたが、今回のことで「本性露呈」ですね。もう終わってほしい人物です。今後は「かじん」ではなく「かじん」の前に「ば」を付けて名乗るべき。恥ずかしい人だと思います。

……

……おそらく 今回の「日本死ね」はカンショウチュウ主導で、野球の「神ってる」はやくみつる主導でしょうね。後の審査員は「参加料目的の人たち」なんでしょう。でも仕事は選ぶべき。自国内で自国民を侮辱して許される仕事なんてありません。それは世界のどこの国であっても同じはずです。 By なでしこりん

.注意 「#審査員みんな死ね」は比喩です。なにを例えているのかは知りませんが!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加


カエルの楽園 (新潮文庫)


悲しいサヨクにご用心!