これってマジ? 華僑社会「蓮舫は初の華僑大臣。なんと言っても半分は中国人の血」と大絶賛!

コラム

保守政治コラム

日本人の心を持たない人がなぜ日本の政治家に?蓮舫の目的は何?
…..中国人間諜のテンピンルーは中国人によって処刑!シャレンホーは大丈夫?

…..なでしこりんです。民進党の蓮舫が「中国のスパイ」なのか、それとも「中国人の血ゆえへの中国びいき」なのかは本人以外にはわからないことですが、今国会の論戦においても「中国人・蓮舫」の立ち位置を隠すことなく発揮しているようですね。今日はなんと「TPPはあきらめて別の方策に進め」と暗に「中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB」)への参加を要求したとか。中国の女スパイとして活動した「鄭蘋茹(テンピンルー)」を彷彿とさせますね。

…………………………….

*鄭 蘋茹(てい ひんじょ、中国語読み:テンピンルー。1918年 – 1940年2月)は中華民国の特務・スパイ(間諜)。父親が中国人で母親が日本人。汪兆銘政権傘下の特工総部に逮捕され銃殺刑。享年22歳。

…..さて 今日は以前にもご紹介したことのある中国の「人民網」の記事。日本では人気のない蓮舫ですが、中国では絶大な人気を持っているようですね。

…..中国社会科学院日本研究所の高洪所長も、中央テレビ局のインタビューを受けた際に、彼女が中日両国関係の健全かつ安定した発展の過程で、その仕掛け人或いは架け橋としての役割を担ってくれることを望んでいる。

…..「何といっても半分は中国の血が流れているわけですから、他の日本人大臣以上に中日関係の重要性を認識しているでしょう。また、アジア諸国とのやり取りにおいては、政治的内容にせよ、デリケートな問題にせよ、一定の含みを持たせることの必要性についても理解していると思います。もし、彼女がその役割を十分に発揮できたなら、日中関係の改善にも、民主党と中国政府や中国の各分野との関係の最適化にも大いに役立つことでしょう。」

…..しかし、政治アナリストの中には、こんな意見もある。華僑社会は蓮舫が日本の内閣において初の華僑大臣となることを手放しで喜んでいるが、大切なのはこれからで、今後、実際に蓮舫が日中関係及び日本政治において一体どのような役割を担うのか、注目していくべきである。

在日ジャーナリストである神戸大学

…..在日ジャーナリストである神戸大学の徐静波教授はマスコミに対し、中国国内では蓮舫の華僑としての立場を大きく取り上げているが、実際、ほとんどの日本人が彼女が華僑であること自体に気付いていないと指摘する。(人民網) http://j.people.com.cn/94474/7020339.html

…………………………….

…..「人民網」 の政治的な立ち位置は不明ですが、なかなか的を射た記事をお書きのもよう。特に「ほとんどの日本人が彼女が華僑であること自体に気付いていない」の部分はこう書き換えても十分通用しそう。

…..「ほとんどの日本人が彼女が中国のスパイであること自体に気付いていない」

…………………………..

…..本当に 恐ろしいことですね。こういう人物がタレントとしての知名度をうまく使って日本の政治の中枢に入り込んでいたとは!中国人は蓮舫のことを「華僑大臣」と呼んでいるそうですが、蓮舫は一度のみならず、3度も大臣になり、「仕分けショー」で日本の未来をぶち壊した実績さえあります。ちなみに冒頭でご紹介した中国の女スパイ・鄭蘋茹は中国人の手によって処刑されたそうです。 By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン