トランプ氏とクリントン女史ならどっちが危険だと思う?そりゃ軍事産業とつながっているあの人でしょ?

コラム

保守政治コラム

意外だけどトランプ氏の方がクリントン女史より軍縮派でしょ!
…..日本はアメリカの「核の傘」から出て自主防衛に進むチャンス!

……なでしこりんです。トランプ氏がアメリカ大統領に当選してからというものの日本のパヨク連中の「火病」ぶりには笑えます。よほどトランプ氏の「America 1st」発言がお気に召さないようですね。でもこれに過敏に反応するのは「ウリたちは移民ニダ」だからですか? 私はすでに書きましたが「自国民最優先」は極めて自然な考えだと思います。だって誰だって「家族優先」でしょ? 「アカの他人」を優先する人なんていませんよね。

……………………

……トランプ氏 の考えははっきりしてます。彼は企業家ですから「アメリカの利益を第一」に考えているのでしょう。昨日、「モンロー主義」のことご紹介しまたが、アメリカという国家は基本的には「対外不干渉」が国家政策の基本。それがいつの間にか「世界の警察官」になり、世界各地にアメリカ軍を配置するようになりました。

……………………

……………………日本だって米軍撤退は大助かり

……トランプ氏 はそれを止めたいんじゃないでしょうか? それって、世界的な視点で見れば「アメリカ軍の撤退=軍縮」ですから、パヨク連中は歓迎すべきことのはず。パヨク連中が「共産主義の世界輸出」なんて夢を見るのを止めれば、トランプ氏こそ「救世主」のはずなんじゃないのかな?

……………………

……もうすでに 選択肢の一つではなくなったクリントン女史は、アメリカ軍事産業の代理人。クリントン女史が国務長官時代にやったのが「リビア壊滅とカダフィ大佐殺し」。もし、クリントン女史がアメリカ大統領になっていたら、オバマ大統領以上に軍事作戦をやったでしょう。クリントン女史には実績があるのです。パヨク連中はそっちの方がよかったのかな?

トランプ氏もすぐに世界各地からのアメリカ軍撤退は行わないはず

……もちろん トランプ氏もすぐに世界各地からのアメリカ軍撤退は行わないはず。まずは米軍駐留経費の値上げをおこない、その対応を見ながらアメリカ軍を縮小していくのでしょうね。あまりことを急くと、アメリカの軍事産業に暗殺されてしまいますからね。実際、「トランプ暗殺」のうわさはすでにありますよね。

……………………

……パヨク連中 は多民族共生がお好きなようですが、人間社会の歴史を見れば、「一民族一国家」が定番ですよね。 言語だって「一民族一言語」でしょ。そう考える人たちや、そう考える国家があってもいいじゃないですか。密入国&不法滞在中の在日韓国朝鮮人は、日本で文句をたれている暇があるのなら、母国のある朝鮮半島に帰るのが自然の道理だと私は思いますよ。

…………………………………………

……私は ビジネスマンとしてのトランプ氏の才覚に期待すると同時に、日本はアメリカの「核の傘」からもう出るべきだと思います。日本のパヨクって、もしかしたら在日米軍の撤退に反対なんですか? 私は在日米軍が日本から立ち去るのは大賛成です。日本から外国の軍隊が出て行くことこそが「真の日本の独立」だと思います。トランプ大統領の誕生は日本にとってはチャンスだと思いますね。 By なでしこりん