中国人漁船員3名死亡!韓国海洋警察臨検中の事故で! 宗主国中国、韓国に激怒?

コラム

保守政治コラム

海上保安庁は国交省所管ではなく内閣府直属の組織にすべき!
……中国漁船を拿捕し爆破しても中国と戦争になった国など一つもない!

……なでしこりんです。私たちは、警備や救助、治安対策に当たっている人たちは「常に死と隣り合わせである」ことを忘れてはいけないと思うんです。「暴れた人物を制圧中に死亡した」という場合、警察官には全く過失はありません。制圧されたくなかったら、暴れなければよいのです。少なくとも違法行為を行っている犯罪者への制圧を行う上での事故の責任を制圧側に問うてはいけません。今日は韓国の「朝鮮日報」の記事から。

……………………
………………………….燃える中国漁船(下の記事の事故写真ではありません)

……29日午前9時45分ごろ、全羅南道新安郡紅島の沖70キロメートルの韓国の排他的経済水域(EEZ)内で違法操業していた中国・江蘇省の漁船(102トン)から出火し、中国人乗組員17人のうち3人が死亡した。

……木浦海洋警備安全署によると、漁船は木浦海洋警察署が違法操業の有無を確認するために検問を実施したところ、停船命令を無視して逃走した。 海洋警察が高速艇で追跡し、漁船に乗り移った後、施錠された操舵室に閃光 爆音弾2発を発射し、船を止めさせようとしたが、直後に操舵室方面で火災が発生した。

……海洋警察は「閃光弾の爆発で操舵室から火が出たと断定はできない。 正確な火災原因を解明する」と説明した。海洋警察は消火作業を行い、乗組員14人を救助した。その後、船内を捜索したところ、機関室で意識不明で倒れている乗組員3人を発見した。海洋警察は有毒ガスを吸ったとみて、心肺蘇生術を施したが3人とも死亡した。 (朝鮮日報2016/09/30)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/09/30/2016093000576.html

……………………
………………………..韓国海洋警察vs中国漁民(訓練写真ではありません)

私は 韓国も北朝鮮も中国も大嫌い

……私は 韓国も北朝鮮も中国も大嫌いですが、この事故に関しては全面的に韓国海洋警察を支持します。だって、中国漁船が違法操業してるんだから、臨検されるのは当然! それを拒否して逃亡を図り、その流れの中での死亡事故ですから、「非は100%中国漁船側にある」と私は思います。

……………………..

……実際、中国漁船による違法操業は世界中の至る所で問題視されており、国の大小にかかわらず、中国の違法操業漁船は拿捕されるか撃沈されています。日本だけでしょ? ろくに逮捕もせずに送り返しているのは日本ぐらいでしょう。 異常なのは日本政府&海上保安庁の対応マニュアルではないですか?

…………………
…………………左から石井啓一、池田大作、胡錦涛・前中国国家主席

……ちなみに 海上保安庁の指揮監督権を持つのは公明党・創価学会の石井啓一(国土交通大臣)。ウソみたいな本当の話。 創価の石井啓一にとって一番大事なのは「日本の国益」ではなく「池田大作の意向」ですからね。石井の方向性は「推して知るべし」でしょう。

…………..

……日本の 海上国境を守っている海上保安庁を所管しているのが国土交通省というのもおかしな話だと思いませんか? 海上保安庁は警察組織ですからね。独立省庁か内閣府直属でいいんです。創価の手先では海上保安官たちもやってられないでしょう。

……………………………

……韓国が 一番心配しているのは中国政府の反応でしょうね。中国は平気で「情報封鎖」を行う共産党国家。でも今の時代、情報隠しをやてもバレる時代。中国国内でも「韓国海洋警察、中国漁民焼殺」ぐらいの記事は流れるでしょう。「サード問題」でもうすでに韓流タレントの排斥が始まっていた中国でこの情報が流れたら・・・・「高麗棒子」と呼ばれて、石でもぶつけられるんじゃないかな? 去年までは「反日連合」だった習近平とパク・クネの関係はこれでお仕舞でしょうね!

……………………
………………….中国漁船を爆破するインドネシアのスシ海洋・水産相

……「けんかは 死ぬ気で臨んだ方が勝つ」と聞いたことがあります。もちろん、けんかにならいように行動することも大切ですが、降りかかってくる火の粉を払わずに我慢していたらやけどを負うだけです。ちなみに中国の違法漁船を拿捕したり撃沈した国と中国は戦争にはなっていません。なぜなら、中国漁船の行為が違法だからです。 By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン