「移民デマ」を斬る!安倍ノセイダーがデマを!高度人材資格は厳しいんだから!

コラム, 政治家

安倍総理高度人材について

高度人材への優遇政策を一般人と区別できないデマゴーグたち、早急に「特別永住資格」を廃止しよう!これって外国人差別だよ!

 ネット情報は玉石混交。それこそ「玉」のような価値あるものから、ただの「石」までいろいろ。ネット上ではまたぞろ「移民が~」と大騒ぎしている人がいるのには笑ってしまいます。懲りないね! そう言えば平成26年6月11日に「出入国管理法の改正案」が全会一致で可決された時にも「事実上の移民法成立!」と大騒ぎだけしたデマゴーグがいました。あの連中は今回も「安倍が移民歓迎」とやるのかな?ネット上ではこの記事が元ネタのようですね。

安倍首相は「日本はこの3年で生産年齢人口が300万人減少したが、名目GDPは成長した」として、「日本の人口動態にまったく懸念を持っていない」と強調した。また、「日本の開放性を推進する」として、「一定の条件を満たせば世界最速級のスピードで永住権を獲得できる国になる。乞うご期待です」とアピールした。(News24)http://www.news24.jp/articles/2016/09/22/04341646.html

まず、アンチ安倍デマゴーグたちが「事実上の移民法」とデマを拡散した平成26年の「出入国管理法の改正案」の復習。これって「高度専門職への在留資格」のことなんですが、少し法律を読む努力すれば、「移民受け入れ法案」でないことは誰にでもわかると思うんです。まず、高度専門職の定義なんですが、いくつかの条件があって、その条件をポイント換算して一定のポイントがなければ「高度専門職という在留資格」は得られない仕組みになっています。

高度人材ポイント制とは?

 たとえば 申請者が「博士号」持ってたら30点。あなた、博士号持ってます? 私は持ってません。「七年以上の実務経験」だと15点とか、「年収1000万円以上」なら40点とか! 誰が応募するんだ!?
詳しい条件はこちらを見てね!→ 評価項目・配点(法務省令)

「特殊な在留資格」を意図的に一般化して「移民が~安倍が~」と騒いでネットユーザーをだます悪質さ! これって「在留資格」なんですよ。「帰化」と違います。しかも、「我が国の学術研究又は経済の発展に寄与することが見込まれ るもの」という条件まで付いてます。要するに、日本に役立つ学者や技術者、経営者は特別に優遇しますということ。

ちなみに 「高度専門職1号」に認定されたら「 在留期間は5年」、「高度専門職1号」で3年以上問題なく過ごせたら「高度専門職2号」を申請できて、その時になって初めて「在留期間が無期限=永住資格」になります。果たしてこれだけの条件をクリアできる外国人がどれだけいるか?日本に愛着のない人は無理でしょう?

高度人材外国人 として認定を 受けた者の数は434人で、平均年齢は34.5歳 だそうです。「お手伝いが~」「家族が~」というのもすべて条件付き。これで「安倍が~移民が~」という連中のバカさ加減が分かっていただけたでしょうか?
詳しくはこちらで確認してください↓
高度人材に対するポイント制による出入国管理上の優遇制度の見直しに関する検討結果(PDF)

安倍総理が おっしゃってるのはアメリカの学者、技術者、経済人向けのお話。要は、日本に3年在留して、日本のために働いてくれたら「高度専門職2号=在留資格無期限」にしますということ。何も新しい話ではありません。すでに法律があるのですから。「安倍が~移民が~」と騒いでいる連中はネタがないのでしょうね。 安倍総理を叩くネタが!

ということで、ガッテンしていただけましたでしょうか?ww 安倍総理にやっていただきたいのは、在日韓国朝鮮人に与えてしまった「特別永住資格」。「国外退去処分」が事実上ない「在日特権」がある限り、日本国内から在日韓国朝鮮人犯罪者は一向に減りません。法務大臣の判断で国外退去にできるんですが、私は「特別永住資格」こそ外国人差別ですから、この資格は早急に廃止してほしいです。外国人差別は許されませんからね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン