ドイツ・ベルリンで「移民はお断り!」の政党AfDがまたもや大躍進!今度は「0→25議席へ」

コラム

保守政治コラム

自分の国を愛して何が悪いの?自国民を優先して何が悪いの?
……「移民はお断り」の政党が首都ベルリンでもまた大幅に勢力拡大!

……なでしこりんです。世界にはさまざまな選挙制度があります。中国や北朝鮮のように国民一人一人に自由な参政権が与えられていない国も存在します。それは共産党が支配する国家です。では、なぜそんなことが許されているのでしょうか?

…………………….

……答えは簡単。自由な選挙を行なえば、共産党政権が多数派になれないからです。日本共産党の志位和夫が16年間も委員長をやってられるのは、日本共産党員にさえ自由な選挙権が与えられていないからです。日本共産党には政党を名乗る資格はありません。

…………………….
………………..日本共産党は民主主義政党ではない!

……ドイツ の選挙制度を見る時には「5%条項」という言葉に注意が必要です。これは何もドイツに限った制度ではないのですが、「4・9%以下の得票率の政党には議席を与えない」という制度であり、少数政党の乱立を防ぐためのやむを得ない制度です。日本だと、自民、民進、公明、維新、共産までしか議席は与えられません。少数政党には厳しい制度ですが、「だったら5%以上の民意を獲得しなさい」という制度でもあります。

…………………………
……………………….AfDの党首はフラウケ・ペトリー 女史

……ドイツ でまた「ドイツのための選択肢(AfD)」が勝ちました。しかも、ドイツの首都であるベルリンでの勝利ですので、AfDの勢力拡張が一地域や一過性のものではなく、ドイツ全土に広まっていることを世界に示しました。

……「Berlin state election, 2016」による「ドイツのための選択肢(AfD)」の獲得支持率は14・2%で25議席獲得。「な~んだ、14%で25議席か?」と思うかもませんが、前回の選挙でのAfDの獲得議席は「ゼロ」。AfDは前回の選挙時は政党自体が存在していませんから、 「0→25議席」ということです。

………………………….

ベルリン はもともとは東ドイツの首都

……ベルリン はもともとは東ドイツの首都。歴史好きの方ならご存知でしょうが、ベルリンは東ドイツの中にある「飛び地」でした。いわゆる「ベルリンの壁」に覆われた狭い場所にアメリカ・イギリス・フランスに共同管理された「西ベルリン」があったわけです。ですから現在のベルリンもまたソ連や東ドイツを信奉する左翼共産主義者が多いのが特徴。実際ここでの有力政党は「社会民主党」であり、「左翼党」なんです。そんな場所でも「ドイツのための選択肢(AfD)」が大躍進したんです。

…………………………..
………………………….朝日新聞は「湖山忠志」としか報道せず!

……昨日も 書きましたが、「異民族共生ことが犯罪の原因」という見方が世界で共有されつつあります。日本では在日韓国朝鮮人犯罪が「通名報道」というやり方で隠蔽され続けています。ドイツでも「イスラム犯罪」が手を変え品を変えて隠蔽されています。そりゃ、左翼にとっては異邦人犯罪が増えれば「革命」の機運が高まるのですから大歓迎でしょう。

…………………………..

……今回、州と同格のベルリン特別市でのAfDの勝利は、「私たちは普通に暮らしたい。異邦人は出ていって」というドイツ人の魂の叫びなんでしょうね。留学や一時的な就労ならともかく、異邦人が他国に住み着き、他国の文化を侵害し、他国民を傷つけるなら、「Go home!」と言われるのは当然です。

…………

……誰かさん が「ドイツに学べ!」と言ってました。そう、私たち日本人は、ドイツの勇気ある変革に学びましょう。日本を愛してなぜ悪い?日本人を傷つけ、日本を侮辱する連中には「あんたの国に帰れ!」と言ってもいいんじゃないですか? 日本を嫌う連中に、いやいや日本に住んでもらう必要などありません。特に密入国者とその末裔には。 By なでしこりん