小坪慎也・行橋市議への言論弾圧に抗議します!行橋市議会の問責決議は民主主義を殺す行為

保守政治コラム

2016-09-17 17:10:15 の記事です
共産市議の個人的怨恨?それとも共産党的言論弾圧ですか?
…….「脅迫電話」を市議の責任にしたら「言論の自由」は守れないよ!

皆さまもご存知だとは思いますが、福岡県行橋氏の小坪慎也議員。伝え聞くところによると日本共産党による悪質な言論弾圧を受けているとのこと。この情報は広く拡散していただき、日本国民の力を発揮すべきと考えます。まずは事件の詳細から。

…………………………. 

行橋市議会議長 諫 山 直 様

小坪慎也議員に対する決議 (案)

9月8日に、行橋市役所に脅迫の電話があった。この事により、市民に対し、また、市当局や議会においても多大な迷惑を及ぼした。この「脅迫事件」は決して許されるべきものではない。

これは、小坪慎也議員が、平成28年4月に熊本地震が発生した際、差別的にとらえられるSNSでの意見発表を行った事を発端としている。

公人である市議会議員は、住民を代表する立場にあり、議会外の活動であっても良識ある言動が求められるのは当然である。

市民・国民に迷惑を及ぼすような意見の表明は、行橋市議会の信用が傷つけられたものといわざるを得ない。

行橋市議会は、小坪慎也議員が品位を汚すことの無いよう、公人としての立場をわきまえる事を求めると共に、謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。以上、決議する。

平成28年9月12日

平成28年9月12日

行 橋 市 議 会
————————–
・提出者
提出者 市議会議員 德 永 克 子(日本共産党) 提案者
提出者 市議会議員 二 保 茂 則(市民の会)
提出者 市議会議員 大 野 慶 裕(桜の会)
提出者 市議会議員 藤 木 巧 一(市民の会) 

…….これって いわゆる「問責(責任を問う)決議案」ってやつですね。まあ、小坪先生がこんなのでへこたれるとは思わないけど、誰が見てもおかしいのは「市役所に脅迫電話があった→原因を作った小坪慎也が悪い」という論理展開。 問われるべきは、暴力で民主主義社会を破壊しようとする犯人!これって、脅迫犯の犯罪そっちのけで、気にくわない議員の言論を封じることを目的にした問責決議のようにしか私には見えません。

…………………………. 
………………………赤旗勧誘で新聞沙汰になった徳永克子

…….実際、決議の筆頭にいる日本共産党の徳永克子は「市役所内での赤旗の押し売り」を小坪議員に批判された当事者。これは「個人的怨恨の線」がこの問責決議の背景にあると考えるのが普通では?

…………………………. 

…….だって おかしくない? たとえば福岡県行橋市役所に「徳永克子市議が気にくわないから市役所を爆破する」という脅迫電話があったとします。だったら、行橋市議会は「徳永克子問責決議案」を出すのでしょうか? 私は共産党は嫌い。でも、その言論は保障しますよ。それが民主主義社会ですから。この異常さに、問責に賛成した行橋市の12名の市議が気づかないのなら、彼らは市議失格ではないでしょうか?

………………………….   
………………………….事実、共産党員は警察官を殺してます!  

…….とりあえず、小坪慎也議員には激励を! 行橋市議会には疑問の声を届けましょう。それにしても日本共産党って、こんな低レベルの人間しか議員にできないのかな? やっぱり、地方の議会に日本共産党の議員は不要だよね。「日本共産党は百害あって一利なし」だと改めて思いました。