腐敗自民党東京都連が小池都知事に嫌がらせ? 今の都政の最優先課題は小池追い落とし?

コラム

保守政治コラム

2016-09-14 12:46:00 の記事です

あらま!自民党の御用週刊誌が「小池叩き」を始めたようですね!
……樺山都議を自殺に追い込めても小池都知事にはそうさせませんよ!

自民党東京都連ドン一派による「小池都知事つぶし」が始まりました。でもこんなことをやってると、東京選出の自民党議員は半減しちゃうよ。まあ、これで「自民党大阪府連半減コース」に東京自民党も入ったかな? 小池都知事をつぶしても自民党の都議が生き残れる道などないのに・・・・。記事は「デイリー新潮」から。

……………… 

……今年8月の東京都知事就任以降、その手腕が注目を集めている小池百合子氏(64)に吹き出した “政治とカネ”の問題を、9月14日発売の「週刊新潮」が報じる。疑惑が持ち上がったのは、練馬区にある小池氏の自宅を含む、複数の物件をめぐる金銭の動きについてである。

 ……「エコだハウス」と命名されたこの自宅には、現在、小池氏の大臣時代の政務秘書官で、一時は公設第二秘書も務めた水田昌宏氏が同居している。かねてより小池氏の親戚であると述べている水田氏は、政治資金管理団体の代表を務めるなど、小池氏の金庫番といえる人物。「エコだハウス」の共有者にもなっている。

……この「エコだハウス」、そして水田氏が所有する「外神田のビルの1室」「高崎市のマンション」を担保として、みずほ銀行が3億3000万円の根抵当権(複数の債権を担保する権利のこと)を設定したのは都知事選の翌日のことだった。が、「外神田」の物件以外は、その日に根抵当権を解除。資産価値2000万円ほどのビルの1室が、3億円もの担保になっている異様な状態なのだ。(デイリー新潮 )

……   

興味深いのが、「週刊新潮」の宣伝を「デイリー新潮」がやってること

……ちょっと  興味深いのが、「週刊新潮」の宣伝を「デイリー新潮」がやってること!これって「自作自演」ですよね。「週刊新潮」は自民党寄りの週刊誌ですから、当然、自民党東京都連関係者がお金を出して書かせているんですよね。今は「東京都の豊洲不正」を暴くのが最重要課題だと思うけど、どうやら「都議会のドン」とその取り巻き連中は「小池憎し」で周囲が見えないようですね。

………… 

……そりゃ、自民党東京都連は、自民党の都議会議員であった「樺山卓司氏」が自殺に追い込まれた際も「見殺し」にしたんじゃないかと言われているよね。ご遺族の方からすれば、自民党東京都連の都議や国会議員は「何もしてくれなかった」と感じておいでかも?実際、「自殺の9割は他殺」ということを監察医の先生が書いておられるから、「樺山都議も・・・・・」という思いを持つ人もいると思う。 今度はその時の連中が「小池追い込み」を始めたとしたら・・・・。怖い怖い!

………………   

……でもね、樺山氏は無念の死を遂げたけど、小池都知事には290万都民の支持があり、それこそ日本全国にネット支持者がいることを「東京ドン」の一味は知っておくべき。今、自民党を支持している人たちもバカじゃない。「週刊新潮」の裏に自民党東京都連がいることを知ったら、都連は大阪府連と同じ道を歩むことになると思うよ。自民党東京都連は都民の民意に注意すべきじゃないかな。 来年の7月には都議選があるんですよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン