まさかサムスンを使ってないよね?アメリカにおける反日運動の火付け役は韓国政府と韓国企業!

コラム

保守政治コラム

2016-09-11 11:33:16 の記事です

韓国と韓国企業が滅びるまで韓国人は反日行為を止めないと思う。
…..アメリカにおける「インチキ慰安婦騒動」の背景には韓国マネーがあった!

「Kの法則」とは「韓国にかかわった者には不幸が訪れる」という法則のことです。日本ではわりと知られた法則ですが、今度はアメリカでも有名になりそうですね。

…………………………. 

…..使用中にバッテリーが爆発するケースが多発したことでリコールが発表されたサムスンのGalaxy Note7で、自動車が全焼するケースが発生しています。 また、これらの事態を受けたアメリカの航空当局が、飛行機に乗る際はGalaxy Note7の電源を必ず切ることを強く求める事態に至っています。 http://www.wara2ch.com/archives/8682870.html

…………………………… 

…..日本の  親韓マスゴミは絶対に伝えませんが、「韓国企業と反日運動」は実は一体化したものであり、反日運動のスポンサーが韓国企業である例はいくらでもあります。「慰安婦問題の日韓合意」のネガティブな面しか見ない主張がありますが、あの合意が韓国政府による反日運動を弱めたことは確か。特にアメリカでの反日運動の資金源の一つを断ちました。

……….  

アメリカでの 反日運動

 …..アメリカでの 反日運動、特に「インチキ慰安婦騒動」の背後に韓国政府と韓国企業がいたのは間違いありません。もちろん資金源には中国共産党系の「抗日連合会」もいたのですが、主戦は韓国政府と韓国企業でした。思い出してください。本来、当事者ではないアメリカの議員がなぜか韓国側に付いていたのか? 民主党のマイク・ホンダや共和党のエド・ロイス。彼らは「韓国が雇ったロビィスト」でもあったんです。もちろん彼らはタダ働きはしません。

…..たとえば  アメリカの有名シンクタンクである「ヘリテージ財団」。この財団には韓国政府から過去3年間で約100万ドル、サムスンからは40万ドルが提供されたことが年次報告書に載っています。もちろんこれは公式な寄付であって裏ではこの何倍も払っているでしょうね。 

………………………….. 

…..私たち日本人  は「アメリカは友人だから日本に好意的な行動を取ってくれるだろう」と勝手に思っていますが、世の中はそう甘くはない。金の力は理性よりも強いのです。結局、アメリカにおける「インチキ慰安婦騒動」を壊滅させるには「韓国と韓国企業という臭いの元を絶つ」ことが重要なんです。「慰安婦問題の日韓合意」と「韓国企業の倒産」は良い方向に進んでいます。でもそれは、韓国の政権が変わればご破算になるとは思いますが・・・・。

……………………….   

…..おそらく  来年中には「サムスン倒産」の朗報を私たちは聞くことができるでしょう。サムスンの創業者は「日韓併合」時代に起業し、その息子たちを日本の早稲田と慶応で学ばせましたが、結局彼らは親日派になりませんでした。マキャベリはこう言ってます。「忍耐と寛容をもってすれば、人間の敵意といえども溶解できるなどと思ってはならない」と。 韓国人に期待するのは無意味です。なぜなら、韓国人にとっては「反日が彼らの特別なお楽しみ」なんですから。 韓国と韓国企業が地上から消滅しますように!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン