蓮舫よ、これが世界の常識だ!インドネシア政府、二重国籍のエネルギー大臣を解任!

コラム

保守政治コラム

2016-09-07 23:31:01 の記事です

一般人と国会議員の違いを理解しない二重国籍論議は無意味!
…..みんなの力が反日勢力による「日本乗っ取り計画」を阻止したんだ!

この情報、ネットのお友達から教えていただきました。個人レベルの二重国籍ならともかく、国政に深く関与する可能性の高い国会議員や閣僚の二重国籍が許されるはずもなく、どうしても二重国籍でいたいのなら政治に関与しなければよいのです。 記事は「ロイター」からです。

…………………… 

…..インドネシア、エネルギー相を解任 …..二重国籍の疑いで

…..[ジャカルタ 15日 ロイター] – インドネシアのプラティクノ国家官房長官は15日、ジョコ大統領がタハル・エネルギー鉱物資源相を解任したと発表した。タハル氏がインドネシアと米国との二重国籍を持っていると報じられていたことに対処する措置という。

インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられている

…..インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられている。 タハル氏は7月の内閣改造で同職に就任したばかりで、3週間足らずでの解任となった。ルフット・パンジャイタン調整相が今後、暫定的にエネルギー鉱物資源相を兼任する。 (ロイター)http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN10Q28S

……………………… 
 …………….二重国籍で解任されたタハル・エネルギー鉱物資源相
 
…..蓮舫に   「ノブレス・オブリージュ」を説いても無駄でしょう。誇りのない人に誇りを求めても無意味ですものね。もはや、蓮舫による「その場限りの言い訳」には民進党の中からさえ批判が出ているとか。今回のことで「蓮舫は平気でうそをつく人物」ということがはっきりしました。民進党は蓮舫を斬るべきです。 *ノブレス・オブリージュ(高い地位ほど責任が重いという考え)

……………………… 

…..今回の蓮舫事件  はネットメディアが発掘し、それを数多くのネットユーザーたちが渾身の力で拡散し、さらに新聞やテレビが後追いして、「反日帰化人による日本乗っ取り計画」を阻止できました。これはすごいことですよ!

………………………. 

…..現時点では  「蓮舫の排除」は確定していませんが、蓮舫が日本の内閣総理大臣になる芽は完全についえたでしょう。でも今後も、反日帰化人たちは日本の乗っ取りをたくらむでしょうね。でもここは日本、日本人の国です。これからもみんなで力を合わせて日本を守って行きましょうね!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン