マジでお父さんの責任にする気?蓮舫の二重国籍問題、「父親が籍を抜くのを忘れていた」

コラム

保守政治コラム

2016-09-06 22:31:25 の記事です

蓮舫の父はすでに故人!故人のせいにするのは「死人に口なし」?
…..日本の国会議員が日本の法を破ればみずから退くのが常識でしょ?

池田信夫氏によると、民進党代表選挙に出ている「謝蓮舫」は現在も二重国籍のままであり、「記者会見」が行われる見通しだという。以下、池田信夫氏のツィートからです。

…………………. 
……………..アイヤ~中国・北京大学に留学経験アルヨ!

…..池田信夫認証済みアカウント ‏@ikedanob                               
…..台湾籍は残っているようだ。あす記者会見して「父親が籍を抜くのを忘れていた」ということにするらしいが、それだと「生まれたときから日本人」は詐称になる。 http://ow.ly/SuCt303Un1n  #アゴラ #蓮舫

…..私は、国会議員は立法権をもつ特殊な職務だから、法に関しては一般人以上に厳しい目が向けられるのは当然だと思います。ですから、日本の国籍法が二重国籍を認めず、もし、二重国籍を放置していたならば「ごめんなさい」では済まないと考えます。

……………………. 

…..法律を作る側 の人間が、「それは知りませんでした」では通用しないし、日本での二重国籍者への扱いは「日本国籍の失効」以外ありえません。蓮舫が日本と台湾の国籍を保持しているのなら、現時点では日本国籍を失効させるべきです。当然、日本の国会議員の身分も失効です。それにしても蓮舫、1994年(平成六年)に亡くなっている父親の責任にするなんて、絶対にあかんでしょ!

……………………… 
……………「父親が籍を抜くのを忘れていた」ということにする気?

池田氏は、蓮舫の一連の発言

…..池田氏は、蓮舫の一連の発言は「経歴詐称に当たる」と指摘されています。議員は経歴を有権者に明らかにして選挙を戦います。蓮舫自身がよくわかっていないように思るのが「帰化」と「国籍選択」。彼女は国会議員であり、自身のことであるにもかかわらず「帰化と国籍選択」を混用させています。

1985年 台湾籍から帰化
http://wayback.archive.org/web/20130218150921/http://renho.jp/profile-stage1
「帰化じゃなくて国籍取得です」
http://www.sankei.com/politics/news/160902/plt1609020012-n5.html

…..ちょっと ありえないがさつさ。「1985年 台湾籍から帰化」は選挙用のプロフィールですよ。言葉の遊びではありませんが「帰化」していない人が経歴欄に「帰化」と書くのは何か意味でもあるのでしょうか? 聞かせてもらいたいです。

……………     
……………民進党代表は白真勲、副代表は陳哲郎でええやん!ww

…..いずれにせよ、こんな人物しか代表選挙の候補者にいない民進党は本当に「人材不足」ですね。民進党は代表を一般公募したらどうでしょうか?「三代さかのぼっても日本人」を条件にすれば・・・・民進党の支持者にはそんなまともな日本人は誰も該当しない? それは失礼しました!

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン