「日本人は誰でも殺せ!」はヘイトスピーチはでない? ヘイトスピーチ規制法は在日犯罪隠しが目的

コラム

保守政治コラム

日本の主人公は日本人です!外国人ではありません。
…..「日本人=差別者」にしたいのは在日と左翼なんでしょ?

なでしこりんです。私は「現在の日本は良い方向に向かっている」と実感しているのですが、それでも「これはないよね」と思うこともあります。たとえば「ヘイトスピーチ」うんたらかんたら。そもそも「ヘイトスピーチ」どうのこうのなんて言ってる連中は、在日と極左の連中ばかり。東京・新大久保での「反韓デモ」における「差別プラカード」だって、結局は当事者については何もわかっていない。それこそ韓国か北朝鮮の工作員の可能性だってあるわけです。自作自演が大好きな連中ですから。

…..そういう工作に呼応したのがNHKや左翼系新聞社。共産党や民進党もそうですね。あの連中が取った戦術が「愛国保守は差別者」というレッテル貼り(プロパガンダ)だったと私は見ています。要は「日本が好き」と公言している人たちを「悪者」にしたかったんですよ。残念なことに在日と極左、NHKや左翼系新聞社の工作は一見、成功したようにも見えます。

…..なんせ大阪市は「ヘイト条例」を作るし、法務省もバカなポスターを作っています。怒った日本人が法務省のポスターをコラージュしたら、「公認も改変も許可していません」という見解まで発表する始末。詐称はいけませんが、法務省は「日本人への」という文言が付け加えられた意図を汲むべきでしょう。それとももしかしたら法務省は「日本人のヘイトスピーチはOK」と考えているのかな?

…..ネット界隈では有名な女性弁護士はこんな発言までしています。普通の日本人からすれば「ひどい人だな」と感じると思いますが、こういう人たちが「ヘイトスピーチ規制法」を推進しているんですよ。「日本人は誰でも殺せは差別に当たらない」って!ww この発言は差別云々ではなく「脅迫」であり「殺人宣言」ですよね。私は、こういう連中の異常さをもっと知ってもらいたいです。

日本の周辺や日本国内には「日本が世界から好かれる国家じゃ困る」連中がいるんです。そう願っているのは、単純な日本への憎悪感情を持つ者から、自分たちの犯罪体質を隠す目的で日本悪論を広めたい者、愛国的な安倍内閣を敵視する者など、連中は一見ごった煮のように見えても、彼らの根っこは皆同じなんです。要は「反日のためのごった煮軍団」なわけです。ごった煮は食べれても、あの連中を決して口にしないでくださいね。食中毒になりますから!

在日韓国朝鮮人が在日社会の中で日本人のことをどう教えているかをあなたはご存知ですか?

…..在日韓国朝鮮人が在日社会の中で日本人のことをどう教えているかをあなたはご存知ですか? 「ウリたちは日本に強制連行されたニダ。日本は犯罪国家ニダ!」とか「ウリたちが本名を名乗れないのは日本のせいニダ。日本人はひどいニダ!」とか。でもこれって全部ウソ。在日韓国朝鮮人1世たちが日本に密入国した事実(犯罪)を隠すための口実でしかありません。バカな2世や3世は信じているようですが・・・・だったら、なぜそんな恐ろしい日本に居続けるのかな? 在日には日本と日本人へのヘイトスピーチをやめてほしいです!

…..日本人は差別者でしょうか? そもそも「ヘイトスピーチ」とはいったいどのような言葉を意味するのでしょうか? 「日本国内における在日外国人犯罪の70%は韓国朝鮮人と中国人によるものです」はヘイトスピーチですか? 今、日本で進行中の「ヘイトスピーチの定義」は簡単です。「在日韓国朝鮮人が不快に思ったらヘイトスピーチ」。これが実態です。ぜ~んぶ在日韓国朝鮮人の主観で決まるんです。あほらしいでしょ?

…..日本人は差別者でしょうか? そもそも「ヘイトスピーチ」とはいったいどのような言葉を意味するのでしょうか? 「日本国内における在日外国人犯罪の70%は韓国朝鮮人と中国人によるものです」はヘイトスピーチですか? 今、日本で進行中の「ヘイトスピーチの定義」は簡単です。「在日韓国朝鮮人が不快に思ったらヘイトスピーチ」。これが実態です。ぜ~んぶ在日韓国朝鮮人の主観で決まるんです。あほらしいでしょ?

≪言論さくら組≫
・櫻井よしこ
・杉田水脈(前衆議院議員)
・瀬尾友子(産経新聞出版編集長)
・田北真樹子(産経新聞政治部記者)
・大高未貴(ジャーナリスト)
・我那覇真子(沖縄・政治活動家)
・葛城奈海(ジャーナリスト・女優)
・鈴木くにこ(外交・安全保障研究家)
・半井小絵(気象予報士・タレント)

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加


カエルの楽園 (新潮文庫)


悲しいサヨクにご用心!