さいたま市教委が「慰安婦映画」を後援ってマジすか? 慰安婦問題と日本共産党の暗い関係!

コラム

保守政治コラム

さいたま市教委は「慰安婦問題日韓合意」を守れ!
..米軍慰安婦問題に日本にすり替えたのは日本共産党!

…..なでしこりんです。「はすみとしこ」さんがツィッターでがんばっておいでだったので助太刀つかまつる。このチラシは「ある映画」の上映会を知らせるチラシなんですが、この中に「とんでもない事実」が潜んでいるんですよ。私は基本的には「反対者の意見表明の権利も認める」立場の人なんですが、そこに公的な機関が絡んでくると、公的機関の公平性という視点を無視してはいけないと思うんです。

…..まず この映画は、いわゆる「朝鮮人慰安婦」を描いた映画だそうですが、このチラシには「後援:さいたま市教育員会」とはっきりあります。今や韓国国内でさえ「慰安婦問題は北朝鮮による日韓分断を謀るプロパガンダ」という主張がある中で、なにゆえ公的な機関である「さいたま市教育」が特定団体の商業活動の後援をしているのか? 「さいたま市教育委」はいったい何を考えているのでしょうか?

…..私も 「教育関係」に身を置いていた時期があるので、多少は教育委員会のことは知っていますが、ちょっとこの「後援」には驚かざるを得ません。どうやらこの映画は日本共産党系の大月書店とも関係があるようですね。とすると、さいたま市教委は日本共産党のさいたま市議から「後援依頼」を頼まれたのでしょうか? 普通はそういうルートでもない限り、こんな後援はないと思うのですが・・・・。

…..さいたま市教委 って日本から隔離された場所にでもあるのでしょうか? 2015年(平成27年)12月 28日に日本と韓国の間で「慰安婦問題日韓合意」が行われ、いわゆる「慰安婦問題は最終かつ不可逆的に解決」されたわけです。もしかして、さいたま市教委の職員はそんなことさえご存知ないのかな? そういう状況の中でのこういうプロパガンダ映画の後援っていったい何なんでしょうね。

慰安婦問題のすり替えを行なったのは誰だ?!

韓国主要紙で ある東亜日報記事データベースに、「慰安婦」で検索してみた結果資料
年度 日本軍慰安婦記事数…….米軍・国連軍慰安婦記事数
1951-55 ……….1件…………………….17件 (朝鮮戦争)
1956-60 ……….0件…………………….36件
1961-65 ……….0件…………………….56件 (日韓条約賠償交渉/反日デモ多発)
1966-70 ……….1件…………………….118件
1971-75 ……….5件…………………….39件 (千田夏光が「従軍慰安婦」造語)
1976-80 ……….0件…………………….20件
1981-85 ……….4件…………………….9件 (83年吉田清治捏造本出版)
1986-90 ……….5件…………………….8件 (89年吉田捏造本韓国語で出版)
1991-95 ……….616件★……………3件(91年植村隆・朝日新聞慰安婦捏造記事)
*「崔碩栄著「『韓国人が書いた韓国が「反日国家」である本当の理由』」より引用)

….千田夏光と吉田清治が共産党関係者なのは偶然?

…..本来、日本国籍を持たない外国人が日本の内政に影響を及ぼすような政治活動は禁止されていますから、こういうプロパガンダ映画に外国人が関係しているとは思えませんが、彼らの代わりとして日本共産党が関与しているのなら、これは由々しきことですよね。日本共産党は朝鮮総連とも友好関係を結んでいますしね。さいたま市教委は独自に「後援決定」したのでしょうか? それともどこからかの圧力に屈したのでしょうか?

…..いずれにせよ、こんなプロパガンダ映画を、公費で運営されている公的機関が「後援」などするのは公共機関としては明らかに逸脱した行為だと思います。さいたま市教委はただちに「後援取り消し」を行なうべきです。「慰安婦問題日韓合意」に違反し、反日をあおるようなプロパガンダ映画に公的機関は関わってはいけないのです。ぜひとも皆様も、さいたま市教委に日本人の声を届けてください。ここは日本です。日本人の民意が反映される場所にしなければなりません。 By なでしこりん

さいたま市教育委員会 事務局/管理部/教育総務課
直通電話:048-829-1623 ファックス:048-829-1989

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン