ひどいね!在日韓国人が子供を朝鮮学校に行かせるために日本人妻を絞殺?~講談社事件~

2017年9月15日コラム

保守政治コラム

韓国人の頭の中にある「日本人は敵」を軽く見ちゃダメ!
…..在日韓国人の中にも北朝鮮を支持している連中がいます。

…..なでしこりんです。「韓国朝鮮人に関わると悲惨な目に遭う」というのが「Kの法則」。「Kの法則」と並んで有名なのが「在日韓国朝鮮人が犯した犯罪は報道されなくなる」というのが「在日犯罪隠ぺいの法則」。朝日新聞による「在日犯罪は日本人報道」なんて完全に「日本人だましのねつ造報道」ですよね。

…..そういえば 「講談社罪に社員による日本人妻殺害事件」はどうなったのでしょう? その後、テレビのワイドショーでは取り上げているのでしょうか? 記事は「週刊アサヒ芸能」。アサヒが付いてても朝日新聞とはまったく関係ありません。

…..東京都文京区にある一軒家から「自宅の階段下で妻が倒れている」と119番通報があったのは、昨年8月9日の午前2時40分頃。妻は約1時間後に搬送先の病院で死亡した。この電話の主こそが、夫の朴鐘顕(パクチョンヒョン)容疑者(41)だったのだ。全国紙社会部記者が説明する。

…..「朴容疑者には当初から疑いが持たれていました。司法解剖の結果、佳菜子夫人(38)の死因は窒息。首には絞められたような痕があった。当初、警察に説明を求められた朴容疑者は『階段から落ちた』と話していましたが、その後、『妻は階段の手すりにかけた(朴容疑者の)ジャケットで首をつって自殺した』などと変遷。ジャケットからは、佳菜子さんの皮膚片などのDNA型は検出されませんでした。

…..一方で、1階の寝室のマットレスからは、佳菜子さんの尿成分や、血が混じった唾液が検出された。外部から何者かが侵入した形跡もないことから、警視庁は、朴容疑者が自殺に見せかけるために虚偽の説明をしたと見て、5カ月間の捜査の末、逮捕に至りました」。

…..朴容疑者は逮捕後の取り調べに対して容疑を否認し、黙秘に転じた。朴容疑者の友人は、「子供のために姓を変えたほうがいいと考える奥さんに対し、韓国籍の朴容疑者は朝鮮学校への進学も想定して応じないなど、モメることが多かった」。(以下ソースで)http://www.asagei.com/excerpt/73894

…..在日韓国人 が「通名(日本人風の偽名)」を使っているのは皆様のご存知のはず。ソフトバンクの孫正義は「安本正義」と名乗って日本人になりすましていましたし、カンショウチュウは「長野鉄男」を名乗って海外留学してました。

…..ところが ある程度の「功成り名を遂げる」とようやく彼らにも朝鮮民族の誇りが出てくるようで、本来の朝鮮名を名乗る連中も出てきます。今回の「日本人妻殺し」をやった朴鐘顕(パクチョンヒョン)もまた「チョヌンはチョッパリの上に立ったニダ」ということで朝鮮名を名乗るようになったのでしょう。

でもね、韓国が日本にやってる

…..でもね、韓国が日本にやってる侮辱行為や在日韓国朝鮮人の犯罪率の高さを考えると、殺された奥様が「子供のために(朝鮮人の)姓を変えたほうがいい」と考えたとしても「殺される理由」にはなりません。実際、在日韓国朝鮮人の90%は本名でなく偽名で生活しているわけです。「朝鮮名のデメリット」を一番感じているのは在日韓国朝鮮人じゃないですか?

…..以前 にも書きましたが、朝鮮学校の入学者のすでに過半数は韓国籍の在日韓国人。朝鮮学校自体は朝鮮語(韓国語)で授業が行われ、金正恩を個人崇拝させる偏向教育をやっていますが、それは在日韓国人とは矛盾しません。なぜなら、北朝鮮国籍より韓国国籍の方が在日にとっては便利だからです。在日韓国人の中にも北朝鮮支持者がいるんです。

…..今回 の殺人者・朴鐘顕(パクチョンヒョン)もまた韓国籍の北朝鮮支持者なのでしょう。東京には韓国系の東京韓国学校があるにも関わらず、「朝鮮学校への進学も想定」とありますからね。実際、韓国系と言われている民団の中にも北朝鮮支持の朝鮮総連の活動家もいるそうです。そんなことを民進党の有田ヨシフが得意げに言ってましたから。

上は韓国で行われたKILL JAPデモ。下は日本での事件。

…..私は 改めて「Kの法則」の危険性の周知を求めたいと思います。これは人種差別などではなく、韓国朝鮮人と在日韓国朝鮮人の中で行われている「反日教育=日本人憎悪教育」が生み出した結果でしかありません。韓国朝鮮人にとっては「日本人であること自体が敵」なんでしょう。あなたは自分に敵意を持つ人間と一緒に暮らせますか? このことは恋愛以上に大事なことですよ。 By なでしこりん

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン