常に周回遅れの野党・パヨク発狂! #臨時国会の冒頭 #年内解散 ツイッタートレンドになって罵詈雑言が出てくるってことは効いてる効いてるってことね!

選挙

臨時国会冒頭解散

 安倍晋三首相は年内に衆院を解散する検討に入ったと与党幹部に伝えた。28日召集の臨時国会冒頭で踏み切ることも視野に、北朝鮮情勢などを見極めて最終決断する。報道各社の世論調査で内閣支持率が回復基調にある中、民進党は離党騒動で混乱しており、局面打開の好機と判断。衆参各院で3分の2を持つ現在の改憲勢力で憲法改正の発議をめざす戦略から方針転換する。

 自民党の竹下総務会長は、「任期4年のうちの満3年が近付いている。(解散が)そう遠くないなという思いは、すべての衆議院議員が持ち始めている頃」

 さらに、竹下総務会長は内閣改造で支持率が持ち直した要因について、民進党の離党騒ぎや北朝鮮の核・ミサイル問題などを挙げて「自民党自身が評価を受けたというのとは違う。厳しく受け止めなければならない」と述べました。

与党内では、早ければ今月末に召集される臨時国会冒頭での解散もあるのではないかといった見方が出ています。

 安倍首相は、東京都議会選挙の惨敗や内閣支持率の急落を受けて、当面は堅実に政権運営を行う考えを周辺に示してきた。しかし、支持率が回復した上、野党・民進党で離党者が相次いでいること、また、小池東京都知事に近い若狭衆議院議員が結成を目指す新党の準備が整っていないことなどから、臨時国会の冒頭を含めた早期解散の可能性が急浮上したもの。

 一方で、政府高官が北朝鮮情勢が緊迫する中での解散は難しいとの認識を示すなど、政権内には慎重な意見もある。安倍首相はこうした点を考慮しながら慎重に判断するものとみられる。

 
 

野党・パヨクの反応は

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン