上西小百合ミエミエ炎上狙い+燃料投下で全世界のサッカークラブサポーターを敵に回す。みずからを「附高の深キョン」と宣って今井絵理子議員にも噛みつき継続中

上西小百合

上西小百合議員は15日に埼玉スタジアムで行われた浦和とドルトムント(ドイツ)の国際親善試合で浦和が2―3と逆転負けを喫した後に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」と唐突にツイート。これに対し、Jリーグ各クラブのサポーターを中心とするサッカーファンから怒りのリプが相次ぐと、上西氏は「なんかブーブー言ってる」「調べたら次はヤンマースタジアムだった。埼玉スタジアムならゴール裏行くのに」などとあおり気味のツイートを連発し、サポーターたちの怒りにさらなる火をつけた。

 ここに現役選手も参戦。東京V時代の2005年にスペインの強豪レアル・マドリードと親善試合で戦った経験もあるGK高木義成(38=J2岐阜)が「浦和の負けが酷かったって?親善試合が遊びって?どの口が言うのか。ハイライトしか観れてませんが、日本の中のただの1人のプロサッカー選手として言わせてもらう。酷いってなに?遊びってなんだ?久々にアタマにきたわ」とツイートし、フォロワーからは賛同のコメントが相次いだ。
出典:スポニチアネックス

こんな口調でツイートできる政治家は、このおばさんと有田芳生ぐらいですかね。
残り少ない議員生活を秘書と温泉にでもいって満喫してください

サッカーファンは

1票のために1番大事にしなければいけない高校生を敵に回すなんて政治家の資質なしですね!

深田恭子に謝罪しろ!