弁護士太田啓子、週刊少年ジャンプの見識を疑い息子とともに絶縁宣言するも、マンガオタから盛大に反撃される~ジャンプお色気♡騒動

2017年9月3日活動家・作家・弁護士

太田啓子

ジャンプ開いたらいきなりこれだった。成人コミックかと思うよ…。
公式の人気投票でキャラをここまで無意味に裸に剥いて、記号のように全員に恥ずかしがる表情をさせて、それが巻頭カラーだなんて、内容のある作品を描く意味なんてなくなるんじゃないか。

ジャンプお色気♡騒動の画像を載せるとグーグル先生に怒られるのでリンク先のツイートを見てください
https://twitter.com/kanakanakana35/status/882183837916069888

上記のツイートに反応して太田啓子弁護士はリツイートしました。

少年ジャンプ編集部に見識をうかがいます。こういう絵をこどもが見ても全く問題はないと考えているのですか?個別に好きな作品はあってもこういうことが今後もあるならジャンプ誌は今後絶対息子には読ませましぇ~ん!!!

少年ジャンプも読ませてもらえない息子さんかわいそう~

マンガオタからの反応は

下着自撮り裁判官のアカウント凍結解除を喜ぶ太田啓子

パンツを頭にかぶったり、ホモ系マッチョ下着姿の画像をツイッターにアップする裁判官の多様性は認めるようです。こんなの子供がフォローしたらどうするんだよ!?
ジャンプお色気♡騒動
下着自撮り裁判官ツイッター

漫画界の重鎮、江川達也先生がジャンプお色気♡騒動にひと言申しております

少年ジャンプを語るなら、創刊号からきちんと読解して語れ!
ハレンチ学園のエロ描写に比べたらこの漫画はぬるすぎて、ぬるすぎて、居眠りするレベルな気がする。
あ、オレも少年ジャンプ読んでたのは、子供の頃と連載してた頃くらいだから、なんとも語れないなー。
少年ジャンプの漫画で子供に一番悪い影響を与えた漫画は、裸足のゲンだと思うなー。
でも、ダメな漫画だからと言って読ませないのは、間違ってる。
いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ。
学校の間違った情報だけ頭に入れた子供は、下らない大人になるのだ。
文句言って「焚書しろ。」とか言ってる人は、性に関して素晴らしいと思う漫画を描けばいいだけだと思う。無能で努力もしない人が文句言って文化を破壊しようとする姿は、過去からよく見かけるが、醜いものだ。
自分もクソな漫画やアニメで、子供には悪い影響しか与えないモノは沢山あると思うが、そういうものを見るな!とは言わないし、そういうものは、作るな!とは言わない。宮崎アニメや君の名は、とか教育上よくないが、見たけりゃ見ればいいと思う。ただ、あれは、教育上よくない!とだけ言っておく。それだけだ。
ダメな漫画だと言ってるのに、子供は学校の図書館で教育上まずい裸足のゲンなどを読んでしまう。
だから、ハレンチ学園がいつでも読めるように置いておく。
頭の悪いインテリの人の教育上よい作品と、頭の良い人が選ぶ教育上よい作品は真逆かもしれない。
馬鹿は禁止する。
賢い教育者は、評価をして、自由に読ませ、考えさせる。
禁止する者は、子供の能力を低く見ている。
低く見て虐待する。
大事なことは、子供に自分で考えさせることだ。
子供に自分の心の中を表現させることだ。
自分の無意識を意識させることだ。
禁止を語る人は、相当知能が低い教育を受けてきたのだろう。可哀想なくらい頭の悪さが出てくる語りだ。

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしかったら『いいね』『シェア』いていただけると最高です!


Twitterのフォローはこちらから


はてなブックマークで『あとで読む』ことができます♪
このエントリーをはてなブックマークに追加



イーブックジャパン